既刊書一覧

 

トップ > 成年後見・財産管理・社会福祉 > 成年後見 > エピソードで学ぶ成年後見人Part協ゝ埖堙対応と後見活動の視点

エピソードで学ぶ成年後見人Part協ゝ埖堙対応と後見活動の視点

池田惠利子 公益社団法人あい権利擁護支援ネット 編

2014年02月04日発行 A5判・175頁

ISBN:9784896289169

価格 : 税込1,620 円(税抜:1,500 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

市民後見関連

市民後見入門 ■市民後見人養成・支援の手引

市民後見入門 ■市民後見人養成・支援の手引

池田惠利子・小渕由紀夫・上山泰・齋藤修一 編

税込2,160円(税抜:2,000円)

市民後見人養成講座 第3巻〔第2版〕 市民後見人の実務

市民後見人養成講座 第3巻〔第2版〕 市民後見人の実務

公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート 編

税込1,836円(税抜:1,700円)

市民後見人養成講座 第2巻〔第2版〕 市民後見人の基礎知識

市民後見人養成講座 第2巻〔第2版〕 市民後見人の基礎知識

公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート 編

税込2,808円(税抜:2,600円)

市民後見人養成講座 第1巻〔第2版〕 成年後見制度の位置づけと権利擁護

市民後見人養成講座 第1巻〔第2版〕 成年後見制度の位置づけと権利擁護

公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート 編

税込2,268円(税抜:2,100円)

エピソードで学ぶ成年後見人―身上監護の実際と後見活動の視点―

エピソードで学ぶ成年後見人―身上監護の実際と後見活動の視点―

池田惠利子 公益社団法人あい権利擁護支援ネット 編

税込1,512円(税抜:1,400円)

権利擁護を実践する本当の姿がここにある!

本書の特色と狙い

成年後見人(保佐人・補助人)が戸惑い、悩みつつ、決断していかなければならないさまざまな課題について、ストーリーとエピソードでわかりやすく解説した好評『エピソードで学ぶ成年後見人』の第2弾! このPart兇任蓮虐待や権利侵害等の事例への対応を示す!
高齢者や障がい者に対する虐待や権利侵害がある事例で成年後見人等が何を悩み、どのように解決していくことができるか、エピソードで具体的にわかりやすく解説!
障がい者の地域移行支援、本人の虐待者からの分離保護などにおいて、本人の権利擁護をどのように実践していくことが成年後見人等に求められているのか理解できる!
専門職後見人はもとより、福祉・介護関係者、自治体職員の方々にも必読の書!
 
  • 目次
  • 正誤表

本書の主要内容

第1章 問題意識と本書の立ち位置本書はなぜ、何のためにつくられたのか
 1 人権・生命・生活・財産・権利を守るための成年後見制度
 2 権利擁護の視点醸成と具体的な支援実践の知識取得
 3 平等な権利行使の保障のため──市町村長申立ての活用
 
第2章 成年後見制度活用による権利擁護
 ストーリー1 認知症・独居生活を送る90歳Aさんの在宅生活継続支援から施設入所までの過程
 ストーリー2 虐待対応で家族との関係が途絶えたBさんに寄り添う
 ストーリー3 入院費を滞納し、経済的虐待として市長申立てをした事例での成年後見人の支援
 ストーリー4 「やむを得ない事由による措置」「面会制限」をしている事例での保佐人の支援
 ストーリー5 長期にわたり精神科病院に入院していたEさんが地域での生活を実現するまで
 ストーリー6 妹から虐待を受けていた知的障がい者に対して成年後見人を選任し、分離保護をする
 ストーリー7 行動障がいのある知的障がい者Gさんの地域生活を支援する
 ストーリー8 家族から虐待を受けていた知的障がいのあるHさんが、家族から離れ、安心して生活できるようになるまで
 ストーリー9 知的障がいのある息子と認知症の症状を示し始めた高齢の母親との家庭で、相互が虐待者および被虐待者となった親子への支援
 
第3章 成年後見人等の役割(身上監護を考える)
 1 成年後見人等の役割としての身上監護を考える
 2 権利侵害ケースにおける成年後見人等の支援を事例から考える
 3 虐待対応ケースにおけるチェック表例