既刊書一覧

 

トップ > すべての商品 > 実践ADR〜調停センター“ふらっと”の挑戦〜

実践ADR〜調停センター“ふらっと”の挑戦〜

静岡県司法書士会調停センターふらっと 編

2011年05月22日発行 A5判・374頁

ISBN:9784896286915

価格 : 税込3,630 円(税抜:3,300 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

メディエーションによる新しい紛争解決手法の実践へのガイド!

本書の特色と狙い

法務大臣の認証紛争解決事業者である静岡県司法書士会調停センター“ふらっと”が実践するメディエーションとよばれる紛争当事者の「対話」を中心とした調停手続のノウハウを一挙公開!
あくまで紛争当事者の自主的な解決にこだわり、当事者双方にとって納得のいく解決を目指すメディエーションという新しい紛争解決手法が既存の調停のあり方を大きく変える!
ADRについての利用相談、ADR法14条に基づく説明、調停の申込み、受理・不受理の決定、相手方への通知、相手方の応諾確認、調停開始から終了まで各段階で必要な書式を織り込み、手続の流れに沿って実務を詳説!
ケースマネージャー(利用申込相談員)、メディエーター(調停人)の役割と課題、心構えについて実務で感じる疑問をQ&A形式でわかりやすく解説!
人材の育成、組織づくり、認証申請手続などADR運営の実践を丁寧に解説!
各司法書士会、ADRに取り組む司法書士をはじめADRやメディエーションに関心のある弁護士、研究者にとって有益・必読の書!

  • 目次

本書の主要内容

序 章 メディエーションの可能性
第1章 “ふらっと”の調停手続
 1 はじめに
 2 調停手続全体の概要
 3 関係者の役割と調停手続の流れ
第2章 ケースマネージャーの役割と課題
 1 はじめに
 2 全般的な課題
 3 手続段階別の課題
第3章 メディエーターの役割と課題
 1 はじめに
 2 全般的な課題
 3 セッション前
 4 初めての出会い
 5 当事者の話を聴く
 6 課題の特定
 7 課題について話し合う
 8 合意書の作成
 9 経験から学ぶ〜振り返りの重要性〜
第4章 “ふらっと”の運営
 第1節 “ふらっと”の軌跡
 第2節 認証紛争解決事業者としての“ふらっと”
 第3節 “ふらっと”今後の課題
参考資料