既刊書一覧

 

トップ > 法律専門誌 > 実践 成年後見 > 実践 成年後見 No.58 【特集】成年後見と連続・補完するもの

実践 成年後見 No.58 【特集】成年後見と連続・補完するもの

[編集顧問]新井 誠

2015年09月01日発行 B5判・125頁

ISBN:9784865560336

価格 : 税込1,925 円(税抜:1,750 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

【特集】成年後見と連続・補完するもの

本書の特色と狙い

成年後見実務に関する最新の情報を提供する唯一の専門雑誌! 専門誌としてのクオリティはそのままに、成年後見制度の広がり、かかわる方の多様化に対応して誌面を刷新!
 
毎号の特集では実務で直面している問題点に焦点をあて、わかりやすく解説!
 
後見実務に携わる弁護士、司法書士、社会福祉士、行政書士、税理士等の実務家をはじめ、研究者、行政担当者、福祉・医療・介護関係者、成年後見制度に携わる親族・市民等にとって役立つ情報が満載!
 
[編集顧問]新井 誠
[編集委員]赤沼康弘・池田惠利子・大貫正男・小嶋珠実・高橋 弘・森 徹・(公社)成年後見センター・リーガルサポート
[企画](公社)成年後見センター・リーガルサポート
 

年間購読のお申込みはコチラから。

  • バックナンバー

  •  

    本書の主要内容

    特集 成年後見と連続・補完するもの
  • 1 ホームロイヤーの意義と成年後見
      弁護士 冨永忠祐
    2 地域福祉と日常生活自立支援事業
      淑徳大学准教授 山下興一郎
    3 成年後見制度と信託制度の連携
      亜細亜大学非常勤講師 小林徹
    4 移行型任意後見契約〜リーガルサポート東京支部の三面契約とする試み〜
      司法書士 稲岡秀之
    5 死後の事務に関する委任契約と遺産の管理行為
      大阪大学教授 松川正毅
    6 高齢社会に求められる自筆証書遺言のあり方──高齢者の精神機能の特性を踏まえて──
      流通経済大学教授 村田彰
    論説・解説
    ・セルフ・ネグレクトの背景・実態と課題
     東邦大学教授・日本高齢者虐待防止学会理事 岸恵美子
    ・高齢者における医療同意〜日本弁護士連合会「患者の権利に関する法律大綱案の提言」と意思決定支援制度〜
     弁護士 小此木清
    ・日本成年後見法学会第12回学術大会傍聴記
     司法書士 小森晶寛
     司法書士 藤井江理子
    [資料]成年後見関係事件の概況──平成26年1月〜12月──
        最高裁判所事務総局家庭局
    事例
    [1]法人後見・複数担当者による高齢者虐待事例での本人・養護者への支援〔保佐〕
       社会福祉士 藤井正志/〔ガイド〕社会福祉士 三角明裕
    [2]重度の知的障害・発達障害を抱えた成年被後見人の支援〔後見〕
       司法書士 播間章浩/〔ガイド〕司法書士 江越琢也
    連載
    ・実践的医学用語解説37
     千葉大学教授 五十嵐禎人
    ・書籍紹介─編集委員のおすすめ
     社会福祉士 小嶋珠実
    オン・アンド・アラウンド
    ・こんなとき? その12・完(宮本秀晃)
    ・後見人を務めて10(柳生新)
    ・参加しました(辻井宏)
    ・法律と福祉のことば12(赤沼康弘・小嶋珠実)
    情報
    ・行政情報
    ・関係団体情報
     (社会福祉協議会・社会福祉士会・リーガルサポート・精神保健福祉士会)
    ・イベント情報
    ・報道情報