既刊書一覧

 

トップ > 法律専門誌 > 新民事執行実務 > 新民事執行実務 No.14 【特集】子の引渡執行の現状と課題

新民事執行実務 No.14 【特集】子の引渡執行の現状と課題

編集 日本執行官連盟

2016年03月30日発行 B5判・187頁

ISBN:9784865560770

価格 : 税込2,376 円(税抜:2,200 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

【特集】子の引渡執行の現状と課題

本書の特色と狙い

民事執行実務を適正・迅速に運用するために、執行現場における最新の動向や実務上の諸問題・留意点などを適時・的確に発信し、執行官制度の周知・理解と関係者の利便に資する!
民事執行にかかわる法令・判例や先例などの最新情報を適時に提供し、実務の円滑な運用に資する!
民事執行に関する理論と実務の架け橋となる論説・解説記事を斯界第1人者から執筆をいただき、民事執行に関与される方々の資質の向上と発展に資する!
本誌を媒介として学界・法曹界・金融機関等の企業の担当者と執行官連盟の緊密な連係関係を構築しつつ、研究活動等を通じて質の高い有意な情報を発信する!
司法制度改革が進展する今日の状況にあって、司法が国民の信頼を得るために、権利の実現のための最終的場面である民事執行制度および執行官制度の充実・発展に資する!
 
  • バックナンバー
  • 正誤表一覧

本書の主要内容

巻頭言
 ぶれない心
 日本執行官連盟会長 西川博眞
【特集】子の引渡執行の現状と課題
1 国内の子の引渡しの強制執行における専門家の関与の取組みと留意点
  最高裁判所事務総局民事局付 小津亮太
2 家庭裁判所における子の引渡しをめぐる紛争とその解決の実情
  東京家庭裁判所総括主任家庭裁判所調査官 加藤誠
  東京家庭裁判所主任家庭裁判所調査官 宮下節子
3 子の引渡しの直接強制――事例を基に――
  弁護士 稲田知江子
4 【座談会】国内の子の引渡執行の実情──子奪取条約実施法施行以降の動向──
  竹田光広〔司会〕
  関述之、田口圭子、西川博眞、杉原弘展、盒仰彰陝⊂庄魂軾、吉田隆
論説・解説
・法務局が公開する地図等の見方
 名古屋法務局一宮支局統括登記官 稲葉真
・未登記附属建物等の調査
 東京地方裁判所評価人候補者 曽我一郎
・担保不動産収益執行事件申立ての実務
 東京地方裁判所民事第21部主任書記官 謀腸輙
・明渡し等の債務名義における対象物件の特定─物件目録および図面作成時のポイント─
 松江地方裁判所執行官 廣田英利
・建物収去執行と土地明渡執行の手続
 大分地方裁判所執行官 後藤吉典
・特殊な保全処分の執行事例
 日本執行官連盟編集部会
・執行官の供託事務
 東京地方裁判所執行官 常章弘
・東京地方裁判所(本庁)における平成27年の民事執行事件の概要
 東京地方裁判所民事第21部判事 古閑裕二
・大阪地方裁判所(本庁)における平成27年の民事執行事件の概要
 大阪地方裁判所第14民事部判事 細川二朗
〔重要判例解説〕民事執行関係重要判例の回顧(平成27年)
 大阪大学大学院高等司法研究科教授 下村眞美
【活動報告ほか】
 執行官室だより〔第4回〕(富山地方裁判所)
 新任執行官になっての感想
 現況調査部会
最高裁判所民事局情報
 通達・通知等一覧
 集合動産譲渡担保権の目的物の占有移転禁止・引渡断行の仮処分Q&Aについて
参考資料 平成27年度 執行官取扱区域一覧