既刊書一覧

 

トップ > 裁判実務 > 民事事件 > 法的交渉の技法と実践─問題解決の考え方と事件へのアプローチ─

法的交渉の技法と実践─問題解決の考え方と事件へのアプローチ─

日本弁護士連合会法科大学院センターローヤリング研究会 編

2016年08月19日発行 A5判・258頁

ISBN:9784865561067

価格 : 税込2,530 円(税抜:2,300 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

法科大学院教育で体系化された実務手法を実務界に紹介!

本書の特色と狙い

プランニング、準備、提案方法、打切りの判断、合意書の作成方法まで具体事例を基に解説!
交通事故、刑事、不動産明渡しの示談交渉、遺産分割交渉、個別労働紛争、M&Aの契約締結交渉を事例として収録!
 
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1編 法的交渉の意義と技法
 第1章 交渉の目的と到達点
 第2章 交渉理論についての基礎知識―交渉技法の前提
 第3章 交渉の過程―紛争解決型交渉をモデルとして
 第4章 取引契約型交渉における交渉過程―紛争解決型交渉との比較
 第5章 交渉と倫理
第2編 事件類型にみる法的交渉の実践
 第1章 交通事故事件における示談交渉
 第2章 刑事事件における示談交渉
 第3章 不動産関係事件における示談交渉
 第4章 遺産分割交渉
 第5章 個人対企業の紛争―個別労働紛争事件の交渉
 第6章 企業間の契約交渉―M&Aの契約締結交渉