既刊書一覧

 

トップ > 法律実務家・法曹養成 > 弁護士 > 弁護士事件簿から学ぶ「人間力」の伸ばし方─志は高く、まなざしは優しく、義理人情に厚く─

弁護士事件簿から学ぶ「人間力」の伸ばし方─志は高く、まなざしは優しく、義理人情に厚く─

弁護士 萬年浩雄 著

2017年08月09日発行(07月27日発売) A5判・327頁

ISBN:9784865561777

価格 : 税込3,240 円(税抜:3,000 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

人生の道標を教示する珠玉の150題!

本書の特色と狙い

さまざまな事件を通して見えてくる人々の生き様、喜怒哀楽、欲望、苦しみ、恨み、妬みなどの赤裸々な人間模様を素材にして、人間力、交渉力、営業力の伸ばし方、磨き方などのノウハウを熱血弁護士から学ぶ!
「嘘はつかない、約束は守る」を人生のモットーにして、何事にもおもねず、自らの司法哲学と信念に基づき、真摯に事件と向き合い、人生を闘い抜いてきた生き様は、豊かで充実した人生を送るためのビジネスマンへのメッセージであり、新入社員教育のテキスト等としても格好の書!
理不尽なことには烈火の如く怒り、世の中の矛盾に悲憤慷慨し、弱者の境遇に涙し、依頼者の苦しみ、悩み、悲しみに寄り添い、共に闘い喜び笑った「喧嘩萬年」35年の弁護士人生は、これからの法曹界を担う若き弁護士に多くの指針を教示!
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1章 「人間力」の伸ばし方
  ──他社への心配り、弱者への愛情を大切に──〔28題〕
第2章 「交渉力」、「営業力」の伸ばし方
  ──嘘はつかない、約束守れば信用はついてくる──〔24題〕
第3章 弁護士の役割とは何か
  ──依頼者に言うべきことは言い、恨まれても筋を通す──〔36題〕
第4章 弁護士の矜持を考える
  ──志を高くして司法哲学を磨くことに尽きる──〔10題〕
第5章 弁護士人生拾遺
  ──「人生いろいろ」に学ぶことが多い──〔31題〕
第6章 経営者はいかにあるべきか
  ──経営者の力量は人間としての器が決定する──〔21題〕