既刊書一覧

 

トップ > 学会誌 > マンション学 56号

マンション学 56号

日本マンション学会学術委員会 編集

2017年01月27日発刊 B5判・180頁

ISBN:9784865561364

価格 : 税込3,300 円(税抜:3,000 円)

数量

品切れ

関連書籍

特集 マンションの管理不全と解消制度

本書の特色と狙い

マンション研究に最前線で携わる専門家たちが集う「日本マンション学会」の学会誌!
時勢に合ったテーマによる各研究者の論文やマンションにまつわる重要判例の評釈などを掲載!
その他、実務家や研究者に欠かせないマンションにまつわるタイムリーなトピックスも掲載!
 

本書の主要内容

特集 マンションの管理不全と解消制度
・趣旨説明
 小林秀樹
・競売多発と競売不能マンションの違い――多発から不能へ、不能から放棄への道――
 松本恭治
・兵庫県下における管理不全マンションの実態と考察
 大西一嘉・植田雅人
・大阪における管理不全マンションの実態と考察
 藤本佳子
・東京のマンション管理の実態と管理不全の意義について
 笠原秀樹
・沖縄県X市の管理不全マンション事例
 折田泰宏・渡辺裕
・管理不全が買占めの契機となったマンションの実態と考察
 岡俊江
・管理不全マンションの一事例――Aマンションは管理不全マンションか――
 藤野雅子
・リゾートマンションにおける管理不全の実態と解消の可能性
 黒田美穂
・マンション需要低下に対する用途転換による利用の実態と可能性の検討
 齊籐広子
・耐震性が低いマンションの解消を可能とした法整備を踏まえて――マンション解消制度を考える――
 齊籐広子
・マンションの「解消」(建替え・建物敷地売却)をめぐる立法等の経緯と外国法制
 鎌野邦樹
・フランスにおける区分所有の解消――荒廃区分所有の解消を中心に――
 寺尾仁
・オーストラリアにおける区分所有法の解消制度
 岡田康夫
・シンガポールの解消制度――都市政策と住宅政策――
 辻壽一
・東日本大震災におけるマンション敷地売却の実態からみた解消制度のあり方
 小杉学・萩原孝次・盒怯抻
・熊本大震災による大規模被害マンションの現状と課題
 折田泰宏
・熊本における被災マンションの現状と課題――被災マンションの主な被害と比較的被害の大きな事例――
 藤本佳子・横田隆司
・京都市の要支援マンション支援事業からみた管理不全判定と支援のあり方
 鈴木克彦
・行政法(円滑化法)に基づく「老朽化マンションの解消制度」の提案
 長谷川洋
・解消制度の中で残されている課題――借地上のマンションの解消――
 花房博文
・マンション解消制度のあり方――建替えの困難さを踏まえて――
 小林秀樹
学会通信