既刊書一覧

 

トップ > 成年後見・財産管理・社会福祉 > 民事信託 > 民事信託の実務と書式─信託準備から信託終了までの受託者支援─

民事信託の実務と書式─信託準備から信託終了までの受託者支援─

渋谷陽一郎 著

2017年09月29日発行(09月13日発売) A5判・520頁

ISBN:9784865561814

価格 : 税込5,184 円(税抜:4,800 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

民事信託の実務論点と具体的な受託者支援のスタンダードを示す!

本書の特色と狙い

民事信託を支援する資格者専門職に必須となる信託法の解釈や実務論点を整理・分析するとともに、受託者の信託事務(財産管理事務)を信託の準備・開始から終了・清算までの114の書式と175の当事者等関係図と一体として立体的・具体的に解説!
基本的な信託事務はもちろん、「『信託口』口座の開設」「信託当事者の推定相続人への対応」「信託監督人の設置」「予備的受託者・予備的信託監督人の設置」「信託事務の第三者委託」「受益権の質権設定」「信託不動産の抵当権設定」「受益者の変更」「受託者の変更」「賃貸管理と賃借人対応」「信託非訟事件を利用した信託規律の維持」などの応用的な実務対応にも論及!
受託者の信託事務から遡行した信託組成(相談)および信託契約書作成にも有用!
 
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1章 民事信託支援の実務の基礎
第2章 信託設定に関する実務
第3章 信託期中(信託開始後)における日常の実務
第4章 受益者の指図権行使に対する実務
第5章 信託不動産の修繕に関する実務
第6章 信託の終了に関する実務
第7章 受託者の応用的な実務