既刊書一覧

 

トップ > 裁判事務手続講座 > 書式 意思表示の公示送達・公示催告・証拠保全の実務〔第七版〕―申立てから手続終了までの書式と理論

書式 意思表示の公示送達・公示催告・証拠保全の実務〔第七版〕―申立てから手続終了までの書式と理論

園部厚 著

2018年01月22日発行 A5判・342頁

ISBN:9784865561982

価格 : 税込3,456 円(税抜:3,200 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

改正民法(債権法)の解説を加え、最新の法令や実務の動向を踏まえて書式等を見直し改訂!

本書の特色と狙い

第七版では、独立行政法人通則法の一部を改正する法律の施行や郵便料金の改定に伴う最新の実務等にいち早く対応!
 
簡易裁判所における特殊事件の実践的手引書として実務に携わる方々から活用されている信頼の書!
 
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1編 意思表示の公示送達手続
 第1章 意 義
 第2章 意思表示の公示送達(公示による意思表示)の要件
 第3章 意思表示の公示送達(公示による意思表示)の申立て
 第4章 裁判所の措置
 第5章 意思表示の公示送達(公示による意思表示)の効力
第2編 公示催告手続
 第1章 総 説
 第2章 有価証券の無効宣言のための公示催告手続
 第3章 一般の公示催告手続

第3編 証拠保全手続
 第1章 意 義
 第2章 証拠保全の申立手続
 第3章 証拠保全の決定手続
 第4章 証拠調べの実施
 第5章 証拠保全と本案訴訟との関係

参考資料