既刊書一覧

 

トップ > 法律専門誌 > Law & Technology > Law&Technology No.79 【知財訴訟の論点】

Law&Technology No.79 【知財訴訟の論点】

2018年04月01日発行(03月20日発売) B5判・122頁

ISBN:9784865562200

価格 : 税込2,376 円(税抜:2,200 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

【知財訴訟の論点】

本書の特色と狙い

知的財産・バイオ・環境・情報・科学技術と法を結ぶ専門情報誌!
知財専門部の最新判例紹介、最高裁調査官の解説による重要判例解説、関係官庁の最新動向を発信する行政情報など、弁護士・弁理士などの法律実務家、企業の特許・法務部関係者、研究者、行政関係者にとって情報の宝庫!
 

年間購読のお申込みはコチラから。

年間購読者限定の電子版も好評配信中!


 
  • バックナンバー
 

本書の主要内容

論説・解説
・神奈川建設アスベスト第1陣訴訟東京高裁判決(東京高判平29・10・27)における企業の責任
 早稲田大学教授 大塚直

・宇宙活動法および衛星リモセン法の意義とわが国宇宙関連産業の未来
 前内閣府宇宙開発戦略推進事務局長 小宮義則

【知財訴訟の論点】
 1 特許訴訟に関する管轄
   知的財産高等裁判所判事 古河謙一
 2 特許権侵害訴訟における損害論の審理の進め方
   東京地方裁判所判事補 大下良仁

判例研究
・リサイクルトナーカートリッジの販売等行為と不正競争防止法2条1項14号(品質等誤認惹起行為)・商標法(京セラ事件 大阪地判平29・1・31)
 立命館大学教授 宮脇正晴
・並行輸入と商標権侵害の成否(ZOLLANVARI事件 大阪高判平29・9・21)
 大阪大学准教授 青木大也
【シリーズ】稲苗法の国際比較5
 ドイツ品種保護法上の新品種保護
 稲苗法研究会(弁護士 滝井朋子)
最新知財判例紹介(平成29年9月〜平成30年1月)
・79号掲載判例索引
・〔高裁〕36件〔地裁〕35件
行政情報
・総務省
L&Tコラム1 1/2(いちとにぶんのいち)
・COP23(ボン)で注目された非国家主体の役割
 木村ひとみ
〈リレー連載コラム〉ある日の知財弁護士#29
・「新しい商標」審査運用までの軌跡
 田村祐一