既刊書一覧

 

トップ > 破産・倒産・再生 > 事業者破産 > 事業者破産の理論・実務と書式

事業者破産の理論・実務と書式

相澤光江・中井康之・綾克己 編

2018年06月14日発行 A5判・701頁

ISBN:9784865562262

価格 : 税込7,992 円(税抜:7,400 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

破産申立ての相談から手続終結まで網羅した構成と最新の書式を収録!

本書の特色と狙い

東京・大阪の裁判所で、法人・事業者破産の全場面で活用されている301書式を通して、破産手続全体の流れ・実務の留意点を把握しながら、背景にある理論が理解でき、全国で即活用できる実践的手引書!
経営者保証ガイドラインによる具体的な手続、破産管財人の税務にも対応!
弁護士・裁判所関係者・公認会計士・金融機関・企業の担当者・司法書士等のための、倒産実務の最前線に立つ執筆陣による関係者必携の書!
 
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

はじめに──破産手続の概要と本書の構成
第1章 破産手続開始の申立て
第2章 破産手続の開始決定
第3章 破産管財人の地位と権限
第4章 破産債権
第5章 財団債権等
第6章 破産財団の管理
第7章 破産財団の換価
第8章 配 当
第9章 破産手続の終了
第10章 破産管財人の税務
第11章 免責・復権・経営者保証GL
第12章 手続相互間の移行
第13章 相続財産の破産等に関する特則
第14章 信託に伴う破産に関する特則
第15章 国際倒産への対応
第16章 雑 則
第17章 罰 則