既刊書一覧

 

トップ > 法律専門誌 > Law & Technology > Law&Technology No.81 教育ICT化推進と著作権の権利制限──著作権法35条改正について

Law&Technology No.81 教育ICT化推進と著作権の権利制限──著作権法35条改正について

2018年10月01日発行 B5判・140頁

ISBN:9784865562460

価格 : 税込2,484 円(税抜:2,300 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

教育ICT化推進と著作権の権利制限──著作権法35条改正について

本書の特色と狙い

知的財産・バイオ・環境・情報・科学技術と法を結ぶ専門情報誌!
知財専門部の最新判例紹介、最高裁調査官の解説による重要判例解説、関係官庁の最新動向を発信する行政情報など、弁護士・弁理士などの法律実務家、企業の特許・法務部関係者、研究者、行政関係者にとって情報の宝庫!
 

年間購読のお申込みはコチラから。

年間購読者限定の電子版も好評配信中!


 
  • バックナンバー
 

本書の主要内容

論説・解説
・教育ICT化推進と著作権の権利制限──著作権法35条改正について
 一橋大学教授 井上由里子
・日本型パテントリンケージ制度の諸問題(下)
 弁護士・知的財産高等裁判所初代所長 篠原勝美
・IP Hub Courtの創設に向けて──韓国の挑戦
 岩間智女
・不正競争防止法平成30年改正の概要
 経済産業省知的財産政策室
・平成30年著作権法改正の概要
 文化庁長官官房著作権課
・平成30年改正特許法等の概要
 特許庁制度審議室審議企画班長・法令企画班長 佐伯昌彦
・「標準必須特許のライセンス交渉に関する手引き」の概要
 特許庁制度審議室前室長補佐 関景輔
〔特報〕日韓知的財産司法シンポジウム2018
1〔基調講演〕実用品のデザイン保護の今日的動向
 知的財産高等裁判所前所長・弁護士 清水節
2〔基調講演〕韓国のIP訴訟制度の特徴──ソウル高等法院知財専担部部長判事・韓奎現
 弁護士 星大介・協力:韓国弁護士 金元
3〔ミニセッション 諭岷超犯詭に関する判例及び実務の動向」の報告
 弁護士 早川尚志
4〔ミニセッション◆諭屮妊競ぅ麒欷遒亮駄嚇動向」の報告
 弁護士 大住洋
判例研究
・店舗デザインの不正競争防止法2条1項1号による保護〔コメダ珈琲事件 東京地決平28・12・19〕
 学習院大学教授 横山久芳
【シリーズ】稲苗法の国際比較7
 オーストラリアにおける品種保護法制
 種苗法研究会(弁護士 塩田千恵子・弁護士 寺田明日香)
[トピックス]国際知財司法シンポジウム2018
 知的財産高等裁判所長 睇眞規子
最新知財判例紹介(平成30年3月〜平成30年6月)
・81号掲載判例索引
・〔高裁〕19件〔地裁〕32件
行政解説
・「知的財産戦略ビジョン」「知的財産推進計画2018」の概要について
 内閣府知的財産戦略推進事務局
〈リレー連載コラム〉ある日の知財弁護士#31
・30年感慨に耽って1日が過ぎる……
 平野惠稔