既刊書一覧

 

トップ > 裁判実務 > 判例 > 判例にみる損害賠償額算定の実務〔第3版〕

判例にみる損害賠償額算定の実務〔第3版〕

升田純 著

2019年03月28日発行 A5判・598頁

ISBN:9784865562781

価格 : 税込5,832 円(税抜:5,400 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

より説得的な主張・立証のあり方、認定・算定の判断基準を探究する好評書の第3版!

本書の特色と狙い

130件超の損害賠償請求事件の裁判例を取り上げ、事業者の事業の種類、加害行為の種類、損害の種類によって類型化して精緻に分析・検証し、損害賠償額の認定・算定が困難な事例における賠償額の立証や認定・算定の実務のあり方を示す好個の書!
第3版では「保育施設」「介護施設」「スポーツ団体」「事業再編の当事会社」「美容医療サービス」「歯科医師」などの類型を追録し改訂増補!
著者の好評書『風評損害・経済的損害の法理と実務』の姉妹編として位置づけ、損害賠償責任が問われた者の加害行為と、損害賠償責任を追及する者の受けた損害との間の因果関係の有無、損害賠償額の立証、算定、過失相殺等の法理を探究!
裁判官・弁護士などの法律実務家や研究者、企業の法務担当者の必携書!
 
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1章 事業活動における損害額の認定・算定
第2章 加害行為に基づく損害額の認定・算定
第3章 権利侵害に基づく損害額の認定・算定