既刊書一覧

 

トップ > その他の法律問題 > 反社問題・暴対法 > 仮処分等を活用した反社会的勢力対応の実務と書式〔第2版〕

仮処分等を活用した反社会的勢力対応の実務と書式〔第2版〕

埼玉弁護士会民事介入暴力対策委員会 編

2019年08月17日発行(08月02日発売) A5判・468頁

ISBN:9784865562897

価格 : 税込5,170 円(税抜:4,700 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

反社会的勢力関連

反社会的勢力対応の手引

反社会的勢力対応の手引

反社リスク対策研究会 編

税込1,980円(税抜:1,800円)

暴力団排除条例で変わる市民生活

暴力団排除条例で変わる市民生活

虎門中央法律事務所 編

税込2,640円(税抜:2,400円)

多様な最新事例を収録し、市民を守るノウハウを開示した待望の全面改訂版!

本書の特色と狙い

多様な最新事例を収録し、市民を守るノウハウを開示した待望の全面改訂版!
行政を債権者とする組事務所の使用差止め(明渡し)、区分所有法に基づく反社会的勢力排除など、最新の動向や実例を収録し、書式と一体として解説!
属性照会、適格団体訴訟、暴排条項の解釈など最新事例を踏まえて詳解!
企業や行政担当者、新人弁護士など、民暴対策の初心者にもわかりやすいよう懇切丁寧に解説!
 
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1部 基礎理論編
 第1章 反社会的勢力の最近の動向および把握
 第2章 反社事件と受任後の対応
 第3章 反社会的勢力に対する受任通知
 第4章 仮処分制度の利用
 第5章 街宣、面談禁止の仮処分
 第6章 占有移転禁止の仮処分
 第7章 暴力団事務所の使用差止めの仮処分
 第8章 区分所有法に基づく暴力団事務所の排除
 第9章 適格団体訴訟
 第10章 暴力団事務所の使用差止めにおける請求(申立て)の趣旨
 第11章 仮処分後の対応(本案訴訟等)
 第12章 暴力団排除条項
 第13章 暴力団排除条例
 第14章 告訴・告発、中止命令等の方法による対応
 第15章 組長訴訟
第2部 実践編
 序 章 第2部の狙いと活用の仕方
 第1章 内容証明郵便を活用した対応
 第2章 仮処分の申立てによる対応
 第3章 訴訟等の活用による対応
 第4章 その他の方法による対応