既刊書一覧

 

トップ > 知的財産・公正取引 > 知的財産 > 知的財産紛争の最前線 No.5─裁判所との意見交換・最新論説─

知的財産紛争の最前線 No.5─裁判所との意見交換・最新論説─

2019年09月14日発行 B5判・101頁

ISBN:9784865563184

価格 : 税込3,520 円(税抜:3,200 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

知的財産に特化した好評別冊の第5号!

本書の特色と狙い

Law&Technology 別冊 第5号!
知財訴訟での証拠収集等、専門部の裁判官と弁護士の意見交換会の模様を掲載!
特許権侵害訴訟、営業秘密、限定提供データの保護など、実務上、関心の高い最新のテーマを掲載!
 

本書の主要内容

知的財産訴訟の現況
・平成30年度 裁判所と日弁連知的財産センターとの意見交換会
・2018年度 大阪高等裁判所第8民事部および大阪地方裁判所
 第21・26民事部と大阪弁護士会知的財産委員会との協議会
知的財産訴訟の現況を踏まえた最新論説
・知的財産法の規律対象――判例の統合的理解に向けて――
 神戸大学教授 島並良
・特許権侵害訴訟における対象製品の特定のあり方
 東京地方裁判所判事 柴田義明
・不正競争防止法に基づく訴えにおける営業秘密の特定のあり方
 知的財産高等裁判所判事 森義之
・データ集積物の法的保護
 ――不正競争防止法における限定提供データの保護を中心として――
 東北大学教授 蘆立順美
・機械学習におけるデータセットの著作権法における扱い
 弁護士 井奈波朋子
・メリヤス編機大法廷判決再考――審決取消訴訟の審理範囲と審決取消理由
 弁護士 小池眞一