既刊書一覧

 

トップ > 法律専門誌 > Law & Technology > Law&Technology No.88 先使用権の成立要件の解釈――発明の同一性と事業の準備――

Law&Technology No.88 先使用権の成立要件の解釈――発明の同一性と事業の準備――

2020年07月01日発行(06月19日発売) B5判・132頁

ISBN:9784865563795

価格 : 税込2,530 円(税抜:2,300 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

先使用権の成立要件の解釈――発明の同一性と事業の準備――

本書の特色と狙い

知的財産・バイオ・環境・情報・科学技術と法を結ぶ専門情報誌!
知財専門部の最新判例紹介、最高裁調査官の解説による重要判例解説、関係官庁の最新動向を発信する行政情報など、弁護士・弁理士などの法律実務家、企業の特許・法務部関係者、研究者、行政関係者にとって情報の宝庫!
 

年間購読のお申込みはコチラから。

年間購読者限定の電子版も好評配信中!


 
  • バックナンバー
 

本書の主要内容

論説・解説
・先使用権の成立要件の解釈――発明の同一性と事業の準備――
 学習院大学教授 横山久芳
・原子力損害の賠償に関する法律の改正の概要
 文部科学省研究開発局原子力損害賠償対策室専門職 加治佐一晃
判例詳解
・音楽教室と著作権――東京地判令2・2・28(平成29年(ワ)第20502号・第25300号)
 早稲田大学教授 上野達弘
判例研究
・結婚式等を撮影したビデオの映画製作者について判断した事例〔婚礼ビデオ事件 大阪高判令元・11・7〕
 福岡大学准教授 谷川和幸
・不正競争防止法2条1項3号による形態模倣規制――モデルチェンジ後の商品の保護範囲〔サックス用ストラップ事件 知財高判平31・1・24〕
 名古屋経済大学准教授 渕 麻依子
知財高裁詳報
・知財高裁大合議判決
 〔美容器事件〕(知財高判令2・2・28(平成31年(ネ)第10003号))
最新知財判例紹介(令和元年10月〜令和2年3月)
・88号掲載判例索引
・〔高裁〕15件〔地裁〕33件
行政解説
・国連気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)の成果と今後の課題
 環境省地球環境局国際地球温暖化対策担当参事官室参事官補佐 水信 祟
・『サイバーセキュリティ関係法令Q&Aハンドブック』
 前内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター上席サイバーセキュリティ分析官・弁護士 蔦 大輔
・知的財産侵害物品の水際取締り――令和元年の輸入差止実績、越境電子商取引による模倣品販売の現状――
 財務省関税局知的財産調査室室長 坂田 誠
行政情報
・総務省
〈リレー連載コラム〉ある日の知財弁護士#38
・10年選手からみた知財弁護士の世界
 平井佑希