既刊書一覧

書籍・単行本(カテゴリ別)
法律専門誌・学会誌
その他のカテゴリ
会員登録はコチラ
メールマガジンのみの登録はコチラ
 

トップ > 法律専門誌 > 実践 成年後見 > 実践 成年後見 No.91 【特集】円滑化法の運用の実情と死後事務の留意点と課題

実践 成年後見 No.91 【特集】円滑化法の運用の実情と死後事務の留意点と課題

[編集顧問]新井 誠

2021年03月01日発行(02月10日発売) B5判・114頁

ISBN:9784865564228

価格 : 税込2,090 円(税抜:1,900 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

特集 円滑化法の運用の実情と死後事務の留意点と課題
1 東京家庭裁判所における円滑化法運用の実情
  東京家庭裁判所家事第1部(後見センター)判事 浅岡千香子
  同 判事補 島田 旭
2 大阪家庭裁判所における円滑化法運用の実情
  大阪家庭裁判所家事第4部部総括判事 大島雅弘
3 申立て側からみた円滑化法の実際と課題
  弁護士 冨永忠祐
4 死後の事務をめぐる課題と民法法理――特に、死後事務委任に関して――
  北海道大学名誉教授 藤原正則
5 成年後見人等が直面する死後の事務の留意点
  司法書士 河井正人
6 成年被後見人等の死後の財産引継ぎの実務と課題――大阪家裁の「死後事務のスキーム」について――
  弁護士 井上計雄
7 死後の事務における税務への対応
  税理士 佐藤はるみ
論説・解説
・ペルー新法は障害者の権利擁護を果たせるか〜支援制度新設の動向を踏まえて〜
 日本大学教授 清水恵介
・身元保証サービス業者との身元保証契約の現状と課題――意思無能力により入会契約を無効とした京都地方裁判所令和2年6月26日判決の意義――
 弁護士 増田朋記
【裁判例速報】日常生活支援等を受けるための入会契約自体が原告の意思無能力により無効であるとして、不当利得返還請求が認められた事例(京都地裁令和2年6月26日判決(平成30年(ワ)第2169号))【確定】
連載
・実践的医学用語解説66 発達障害12
 千葉大学教授 五十嵐禎人
・成年後見人のための民事信託入門〔第6回〕監修 大貫正男〔活用事例5〕受託者の変更相談から民事信託の支援業務を考える
 司法書士・民事信託士 山芳乃
事例
[1]後見等事務とソーシャルワーク〜家族とのかかわりをめぐって〜〔補助〕
   社会福祉士 河上盪屐拭魅イド〕武庫川女子大学准教授・社会福祉士 堀 善昭
[2]成年被後見人の相続〔後見〕
   司法書士 長谷聡子/〔ガイド〕司法書士 睫郤蘰
オン・アンド・アラウンド
・参加しました(野村真美)
・法律と福祉のことば45(赤沼康弘・小嶋珠実)
・つかってる?補助・保佐〔第3回〕(藤本就子)
・イベント情報