既刊書一覧

書籍・単行本(カテゴリ別)
法律専門誌・学会誌
その他のカテゴリ
会員登録はコチラ
メールマガジンのみの登録はコチラ
 

トップ > 裁判実務 > 民事事件 > 争点整理の手法と実践

争点整理の手法と実践

森 宏司・中本敏嗣・小野憲一・森 純子 編

2021年07月04日発行 A5判上製・431頁

ISBN:9784865564440

価格 : 税込5,280 円(税抜:4,800 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

争点整理で悩む多くの実務家が渇望する具体的な方法論を、現役裁判官が提示!

本書の特色と狙い

訴状・答弁書の検討から第1回口頭弁論期日を経て、争点整理の序盤・中盤・終盤に至るまでの思考過程と審理運営のポイントを、事件類型別に具体的に解説! 暫定的な心証開示や和解勧試のタイミングについても言及!
紛争解決の最前線に立つ裁判官、弁護士の必読の1冊!

編集担当者から一言

はしがきにあるように、本書は、これまで「自らの経験と徒弟的な伝承から学び取るしかないと受け止められていた」争点整理手続の方法論に、一つの指針を提供することに挑戦していただきました!
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1編 総 論
 第1章 争点整理の対象と手法
 第2章 民事訴訟手続のIT化と争点整理
第2編 一般民事訴訟
 第1章 不動産関係訴訟
 第2章 契約関係訴訟
 第3章 損害賠償関係訴訟
 第4章 相続関係訴訟
第3編 専門訴訟
 第1章 医事関係訴訟
 第2章 交通関係訴訟
 第3章 建築関係訴訟
 第4章 会社関係訴訟