既刊書一覧

書籍・単行本(カテゴリ別)
法律専門誌・学会誌
その他のカテゴリ
会員登録はコチラ
メールマガジンのみの登録はコチラ
 

トップ > 知的財産・公正取引 > 知的財産 > 知的財産紛争の最前線 No.7─裁判所との意見交換・最新論説─

知的財産紛争の最前線 No.7─裁判所との意見交換・最新論説─

2021年08月18日発行(07月30日発売) B5判・98頁

ISBN:9784865564570

価格 : 税込3,520 円(税抜:3,200 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

知的財産に特化した好評別冊の第7号!

本書の特色と狙い

Law&Technology 別冊 第7号!
知財訴訟での証拠収集等、専門部の裁判官と弁護士の意見交換会の模様を掲載!
特許訴訟における損害論、意匠の類否判断、著作権法上のアイディア、音楽教室事件など、知財訴訟における最新論点に関する論稿を掲載!
 

本書の主要内容

知的財産訴訟の現況
・令和2年度 裁判所と日弁連知的財産センターとの意見交換会
・2020年度 大阪高等裁判所第8民事部および大阪地方裁判所
 第21・26民事部と大阪弁護士会知的財産委員会との協議会
知的財産訴訟の現況を踏まえた最新論説
・特許法102条3項の下での損害額の算定――事前のライセンス契約例がある場合の、事後的にみて妥当な実施料額の検討――
 立命館大学教授 宮脇正晴
・特許法102条2項と、侵害行為がなかったならば利益が得られたであろうという事情
 東京地方裁判所判事 田中孝一 
・プラットフォーム型ビジネスに係る特許権侵害による損害額の算定
 知的財産高等裁判所判事 上田卓哉
・著作権法上のアイディアに関する一考察――アイディア・表現二分論におけるアイディア二分論の試み――
 明治大学教授 金子敏哉
・音楽教室における演奏主体の判断――音楽教室事件(知財高判令3・3・18(令和2年(ネ)第10022号))――
 弁護士 山崎道雄
・新しい意匠の類否判断についての一考察
 弁護士 黒田 薫