既刊書一覧

書籍・単行本(カテゴリ別)
法律専門誌・学会誌
その他のカテゴリ
会員登録はコチラ
メールマガジンのみの登録はコチラ
 

トップ > 企業法務・契約・事業再編 > 企業法務一般 > 親族外事業承継と株主間契約の税務

親族外事業承継と株主間契約の税務

後藤孝典 編著 牧口晴一・島田幸三・阿部幸宣・深山 曉・李 永壽・酒井 修・親泊伸明 著

2021年09月16日発行(08月25日発売) A5判・313頁

ISBN:9784865564587

価格 : 税込3,080 円(税抜:2,800 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

中小企業は株主間契約で自由な経営を!

本書の特色と狙い

親族外の役員や従業員持株会、他の会社に事業を承継させる場合などを想定し、また、承継の途中での心変わりや別れる場合にも備えるため、株主間契約を活用するとともに、法人税・所得税等の税務上の扱いについても詳細に検討!
第1編では、株主間契約の意義、株主間契約の法的性質、株主間契約の種類、株主間契約の履行強制、株主間契約における意思表示を求める強制執行、株主間契約の保全執行(仮地位仮処分)等、株主間契約の基礎について簡潔に解説!
第2編では、株主間契約の具体的な使い方について、実務上の課題も含めて具体的な事例を設けて解説!
第3編では、株主間契約のテンプレート(書式例)を6例示し、それぞれ詳細に解説!
中小企業の事業承継をサポートする税理士、公認会計士、弁護士、司法書士などの法律実務家に最適の書!
 
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1編 総論〔株主間契約の基礎〕
第2編 各論〔株主間契約の活用例〕
 第1章 従業員持株会の課題と対策
 第2章 国際税務と株主間契約
 第3章 穏やかな親族外事業承継と株主間契約
 第4章 会社分割を活用した事業承継
 第5章 別れの株主間契約と課税問題
 第6章 株主間契約とM&A
 第7章 株主間契約と事業承継
第3編 株主間契約TEMPLATE