既刊書一覧

 

トップ > 企業法務・契約・事業再編 > 国際法務 > 日本企業の海外拠点におけるリスク対策の革新と実践

日本企業の海外拠点におけるリスク対策の革新と実践

白石 斉 著

2022年01月20日発行 A5判・240頁

ISBN:9784865564723

価格 : 税込2,750 円(税抜:2,500 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

海外展開する企業の不祥事や災害・感染症などのリスク対策充実のために!

本書の特色と狙い

海外展開する企業において、企業本体(本社)と海外拠点のリスク対策、人事配置、教育・指導に悩む監査・人事担当者や弁護士はもちろん、経営者のための実践的手引!
2つのEff(Efficiency〔効率性〕とEffectiveness〔有効性〕)、3階建ての規範/ルール、4ステップのサイクル活動による〔2-3-4メソッド〕を提唱し、企業本体(本社)と海外拠点の役割分担を整理したうえで、コストパフォーマンスの高い、実効性のあるコンプライアンス体制構築とBCP(事業継続計画)策定を実践!
第1部では、日本企業の海外進出におけるリスク対策の概要を示し、第2部では、企業グループ全体でのコンプライアンス体制の構築、第3部では、BCPの策定と運用方法を取り上げ、第4部では、著者提唱の〔2-3-4メソッド〕の可能性と限界を鋭く考察!

本書の主要内容

第1部 日本企業の海外拠点におけるリスク対策
第2部 コンプライアンス体制の構築と実践
 第1章 コンプライアンス体制の構築にあたって
 第2章 コンプライアンス活動の方式
 第3章 3階建て規範/ルール方式によるコンプライアンス活動
 第4章 4ステップで進めるコンプライアンス活動
第3部 BCPの策定と実践
 第1章 BCPの策定にあたって
 第2章 従来方式のBCPとこれから
 第3章 3階建て方式によるBCP
 第4章 4ステップで進めるBCPの策定
第4部 〔2-3-4メソッド〕の可能性と限界を知る