既刊書一覧

 

トップ > 法律専門誌 > 実践 成年後見 > 実践 成年後見 No.100【特集】第二期基本計画が進むいま、将来を展望する

実践 成年後見 No.100【特集】第二期基本計画が進むいま、将来を展望する

[編集顧問]新井 誠

2022年09月01日発行(08月02日発売) B5判・164頁

ISBN:9784865565249

価格 : 税込2,640 円(税抜:2,400 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

【特集】第二期基本計画が進むいま、将来を展望する

本書の特色と狙い

成年後見実務に関する最新の情報を提供する唯一の専門雑誌! 専門誌としてのクオリティはそのままに、成年後見制度の広がり、かかわる方の多様化に対応して誌面を刷新!
 
毎号の特集では実務で直面している問題点に焦点をあて、わかりやすく解説!
 
後見実務に携わる弁護士、司法書士、社会福祉士、行政書士、税理士等の実務家をはじめ、研究者、行政担当者、福祉・医療・介護関係者、成年後見制度に携わる親族・市民等にとって役立つ情報が満載!
 
[編集顧問]新井 誠
[編集委員]赤沼康弘・池田惠利子・大貫正男・小嶋珠実・高橋 弘・森 徹・(公社)成年後見センター・リーガルサポート
[企画](公社)成年後見センター・リーガルサポート
 

年間購読のお申込みはコチラから。

  • バックナンバー

  •  

    本書の主要内容

    【100号記念巻頭言】
    ・本誌100号発刊の意義
     早稲田大学名誉教授 田山輝明
    ・「実践 成年後見」の読者の皆さまへ
     ケルン工業大学教授・社会法研究所長 ダグマール・ブロサイ
    ・人類共通の課題への挑戦
     仁荷大學校教授 朴 仁煥
    ・「実践 成年後見」100号の発刊に寄せて
     法務省民事局長 金子 修
    ・「実践 成年後見」100号の発刊に寄せて
     内閣官房孤独・孤立対策担当室長(前厚生労働省社会・援護局長) 山本麻里
    ・2025年に向けた高齢者の権利擁護支援施策の推進
     内閣官房デジタル田園都市国家構想実現会議事務局長(前厚生労働省老健局長) 土生栄二
    【100号記念座談会】第二期成年後見制度利用促進基本計画と利用促進への展望
     中央大学研究開発機構教授 新井 誠〔司会〕
     最高裁判所事務総局家庭局第二課長 木村匡彦
     法務省大臣官房審議官(民事局担当) 堂薗幹一郎
     厚生労働省社会・援護局地域福祉課成年後見制度利用促進室長 松俊久
    (五十音順)
    【特集】第二期基本計画が進むいま、将来を展望する
    1 ドイツ改正世話法と障害者権利条約〜イギリス・アメリカ・ドイツの法改正からみた世界の潮流〜
      中央大学研究開発機構教授 新井 誠
    2 民事法制と社会福祉との一体的改革
      早稲田大学教授 山野目章夫
    3 後見報酬の制度設計に関する二つの考え方―報酬制度の再構築に向けて
      新潟大学教授 上山 泰
    4 地域福祉の推進と成年後見制度利用促進施策
      同志社大学教授 永田 祐
    5 日常生活自立支援事業と成年後見制度
      明治大学教授・弁護士 平田 厚
    6 本人意思尊重の民事法的規律―民法103条からの将来展望
      日本大学教授 清水恵介
    7 高齢者法からみた成年後見制度の意義
      慶應義塾大学教授 西 希代子
    8 成年後見制度の動向と能力論
      早稲田大学教授 山城一真
    9 成年被後見人等の面会交流と成年後見人等の権利・義務
      早稲田大学教授 橋本有生
    10 家庭裁判所の実情からみた意思決定支援〜弁護士としての経験も踏まえて〜
      元東京高等裁判所部総括判事・弁護士 稲田龍樹
    【論説・解説】
     資料1 成年後見登記件数(平成18年〜令和3年)
     資料2 後見制度支援信託等の利用状況等について――令和3年1月〜12月―― 最高裁判所事務総局家庭局
    【裁判例研究】
     成年子である長男・二男が、老親所有の自宅で同居する亡長女の子により自宅内への立入りが許されず老親に面会できなかったが、自宅への立入りを許さなかった点をもって社会的に不相当な違法行為と評価するのは相当でない等とされた事例――東京地裁平成29年1月31日――
     下関市立大学教授 平山也寸志
    【連載】
    ・実践的医学用語解説74 発達障害20
     千葉大学教授 五十嵐禎人
    【事例】
     1 被補助人に対して財産管理・身上保護をする中で、被補助人の知人との関係性のとり方が課題となった事例〔補助〕
       社会福祉士 岡田千代/〔ガイド〕社会福祉士 豊嶋則子
     2 高次脳機能障害者への支援〔後見〕
       司法書士 久保雄嗣/〔ガイド〕司法書士 町田一平
    オン・アンド・アラウンド
    ・任意後見チャンネル〔第3回〕(大裕之)
    ・法律と福祉のことば54〔最終回〕(赤沼康弘・小嶋珠実)
    ・イベント情報