既刊書一覧

 

トップ > 法律専門誌 > 実践 成年後見 > 実践 成年後見 No.106【特集】任意後見監督の実務

実践 成年後見 No.106【特集】任意後見監督の実務

[編集顧問]新井 誠

2023年09月01日発行(08月03日発売) B5判・105頁

ISBN:9784865565829

価格 : 税込2,200 円(税抜:2,000 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

【特集】任意後見監督の実務

本書の特色と狙い

成年後見実務に関する最新の情報を提供する唯一の専門雑誌! 専門誌としてのクオリティはそのままに、成年後見制度の広がり、かかわる方の多様化に対応して誌面を刷新!
 
毎号の特集では実務で直面している問題点に焦点をあて、わかりやすく解説!
 
後見実務に携わる弁護士、司法書士、社会福祉士、行政書士、税理士等の実務家をはじめ、研究者、行政担当者、福祉・医療・介護関係者、成年後見制度に携わる親族・市民等にとって役立つ情報が満載!
 
[編集顧問]新井 誠
[編集委員]赤沼康弘・池田惠利子・大貫正男・小嶋珠実・高橋 弘・森 徹・(公社)成年後見センター・リーガルサポート
[企画](公社)成年後見センター・リーガルサポート
 

年間購読のお申込みはコチラから。

  • バックナンバー

  •  

    編集担当者から一言

    実務を扱う特集論稿では、任意後見監督人選任の実情が各家庭裁判所で異なること、いわゆる法定後見との申立競合の問題、専門職団体の推薦傾向や本人の囲い込み事案への対応などを解説! 実情を知るうえで役立つ1冊です。
     

    本書の主要内容

    【特集】任意後見監督の実務
    1 任意後見監督の意義とあり方
      広島大学教授 神野礼斉
    2 任意後見監督人の実務の実情
      弁護士 根本雄司
    3 任意後見監督人の法的義務・法的責任
      流通経済大学教授・弁護士 西島良尚
    4 任意後見契約締結後の本人を取り巻く状況と利用促進に向けて
      司法書士 岸川久美子
    【論説・解説】
    ・成年後見制度の見直しに向けた検討と行為能力の制限
     司法書士 西川浩之
    ・精神保健福祉法改正と実務での課題
     精神保健福祉士 洗 成子
    ・令和5年3月「市町村・都道府県における高齢者虐待への対応と養護者支援について」(国マニュアル)の改訂
     厚生労働省老健局高齢者支援課高齢者虐待防止対策専門官・社会福祉士 乙幡美佐江
    【裁判例研究】
     公正証書遺言につき、遺言者の遺言能力を否定した原審の判断を覆し、遺言能力を認めて、これを有効と判断した事例――広島高裁令和2年9月30日判決――
     弁護士 山田敬純
    【裁判例速報】
     本人の事理弁識能力について、難聴であることも考慮して、慎重に判断すべきことを指摘し、原審がした後見開始の審判を取り消した抗告事例(東京高裁令和5年3月3日決定)
    【資料】
    〔1〕成年後見登記件数(平成18年〜令和4年)
    〔2〕後見制度支援信託等の利用状況等について――令和4年1月〜12月――
     最高裁判所事務総局家庭局
    【連載】
    ・実践的医学用語解説79 認知症境
     千葉大学教授 五十嵐禎人
    【事例】
     1 本人および家族に多くの問題を抱えている成年被後見人の事例〔後見〕
       公益社団法人家庭問題情報センター会員 土岐公子/〔ガイド〕同会員 佐々木裕太
     2 身寄りなき独居者の生活の場の移行支援例〔後見〕
       司法書士 神戸妙子/〔ガイド〕司法書士 児島岳宏
    オン・アンド・アラウンド
    ・任意後見チャンネル〔第9回〕(相樂尚美)
    ・イベント情報






  •