既刊書一覧

 

トップ > すべての商品 > Q&A 相続・遺言110番〔第3版〕―トラブルを起こさない相続・遺言の知識

Q&A 相続・遺言110番〔第3版〕―トラブルを起こさない相続・遺言の知識

東京弁護士会相続・遺言研究部 編

2012年02月02日発行 四六判・344頁

ISBN:9784896287233

価格 : 税込2,052 円(税抜:1,900 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

遺言・相続関連

事例に学ぶ相続事件入門─事件対応の思考と実務─

事例に学ぶ相続事件入門─事件対応の思考と実務─

相続事件研究会 編

税込3,240円(税抜:3,000円)

相続人不存在の実務と書式〔第2版〕

相続人不存在の実務と書式〔第2版〕

水野賢一 著

税込2,916円(税抜:2,700円)

Q&A限定承認・相続放棄の実務と書式

Q&A限定承認・相続放棄の実務と書式

相続実務研究会 編

税込3,780円(税抜:3,500円)

遺言執行者の実務〔第2版〕

遺言執行者の実務〔第2版〕

日本司法書士会連合会 編

税込4,320円(税抜:4,000円)

遺産承継の実務と書式

遺産承継の実務と書式

一般社団法人日本財産管理協会 編

税込2,700円(税抜:2,500円)

トラブルを起こさないために!

本書の特色と狙い

第3版では、最新の法令と判例を織り込みつつ、Q&Aの項目・解説も見直してさらにわかりやすく解説!
相続に関しては、相続人の範囲から、具体的な相続分の計算方法、寄与分と相続分の関係、遺産の範囲、遺産分割の方法、相続の承認・放棄の問題までを、図表を示しながら詳説するとともに、相続税の計算方法や申告手続、各種の特例措置を明らかにしており、突然の相続問題に接することとなった方もポイントが容易に理解できる!
遺言に関しては、遺言の種類とそれぞれの長所・短所から、遺言の具体的な方法と留意点、遺言の執行方法などについて詳しく解説するとともに、遺言を残すうえで気になる遺留分の算定方法なども明示しており、最後の意思表示としての遺言を迷うことなく書き残すことができる!
自筆証書による遺言書例、自筆証書遺言の訂正例、相続放棄の申述書記載例、遺産分割調停の申立方法などの書式・記載例を収録しており、相談を受ける法律家はもちろんのこと、トラブルを起こさないために知識を備えておきたい一般市民の方の必読書!
 
  • 目次




  •  

本書の主要内容

序章 相続・遺言のしくみ
第一章 相続人と相続分
第二章 寄与分
第三章 遺産の範囲
第四章 遺産分割
第五章 遺 言
第六章 遺留分
第七章 相続と税金
〔参考資料〕