既刊書一覧

 

トップ > すべての商品 > 人事・法務担当者のためのメンタルヘルス対策の手引

人事・法務担当者のためのメンタルヘルス対策の手引

岡芹健夫 著

2011年05月16日発行 A5判・208頁

ISBN:9784896286908

価格 : 税込1,944 円(税抜:1,800 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

メンタルヘルス関連

詳解 職場のメンタルヘルス対策の実務〔第2版〕─関連書式から訴訟実務・判例まで─

詳解 職場のメンタルヘルス対策の実務〔第2版〕─関連書式から訴訟実務・判例まで─

坂本直紀・深津伸子・大濱正裕・ランスタッド株式会社 EAP総研 編著

税込5,184円(税抜:4,800円)

めざせ! 最強の管理職  ─弁護士が教える賢い労務管理・トラブル対応─

めざせ! 最強の管理職  ─弁護士が教える賢い労務管理・トラブル対応─

三上安雄・間川清 編著

税込2,916円(税抜:2,700円)

ケースで学ぶ 労務トラブル解決交渉術

ケースで学ぶ 労務トラブル解決交渉術

弁護士 安倍嘉一 著

税込2,700円(税抜:2,500円)

具体的な対応方法と就業規則文例を示す!

本書の特色と狙い

弁護士として10数年を経た著者の経験を中心に、メンタルヘルスにかかわる具体例、相談例をもとに、Q&A形式で、メンタルヘルス対策のための企業側の基本的な方針を提示!
メンタルヘルスの基本的な知識から、社内体制のつくり方・中小企業の場合の考え方・会社でメンタルヘルス担当者となった場合の対応の仕方・管理職の対応の仕方など、会社全体でのメンタルヘルス対策の実施方法を、わかりやすく丁寧に教示!
採用時におけるメンタルヘルス問題への対応、突然メンタルヘルスの不調を訴える社員への対応、診断書を受け取ったときの留意点、休業・復職を繰り返す社員への対応、リハビリ出社・リハビリ出勤など、法令・通達や裁判例を踏まえ実務的・実践的なアドバイスが満載!
メンタルヘルスの不調者への対応は、就業規則上の根拠をもって行うことがトラブル防止に有効!
時代に合った就業規則の改訂文例やそれに基づく休職発令書などの文書例も示す!

本書の主要内容

第1章 メンタルヘルスの実情と法律(5問)
第2章 採用時に留意すべきポイント(3問)
第3章 メンタルヘルスに対する常日頃の体制づくり
  1  会社全体の体制づくり(3問)
  2  担当者・管理職の職務(2問)
第4章 メンタルヘルスの不調者の発見と発見時の対応(8問)
第5章 休職とその期間中の対応
  1 休職まで(5問)
  2 休職中の対応(4問)
第6章 休職から復職または退職へ(9問)
第7章 復職に際しての留意点等
  1  リハビリ出社・リハビリ出勤(2問)
  2  復職後の留意点(3問)
  3  復職後の再発(2問)
第8章 精神障害が業務上疾病である場合(3問)
第9章 就業規則の改訂文例
 私傷病休職制度の適用関係
 メンタルヘルスの不調が疑われる者への受診命令
 出勤停止等の措置
 私傷病休職命令の要件
 私傷病休職からの復帰の判断
 リハビリ出社・リハビリ出勤に関する定め
 復職後の欠勤に対する対応(休職期間の通算規定)
 その他