既刊書一覧

 

トップ > 消費者問題 > 住宅関連被害 > 訴訟に役立つ 欠陥住宅調査鑑定書の書き方〔第2版〕

訴訟に役立つ 欠陥住宅調査鑑定書の書き方〔第2版〕

弁護士 澤田和也 編著

2008年08月17日発行 A5判・450頁

ISBN:9784896284782

価格 : 税込4,290 円(税抜:3,900 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

欠陥住宅被害救済一筋に闘ってきた著者の実践的ノウハウ!

本書の特色と狙い

第2版では、近年における一連の最高裁判決を踏まえて被害救済の新しい潮流に論及しつつ、鑑定書に対する反論書、意見書などを追録するとともに、建築基準法等の法改正などを織り込み、全体的に改訂・増補を施した待望の最新版!
業者との被害回復交渉の極めて重要な前提手段となり、訴訟においては主張や立証活動の基礎となる調査鑑定書作成の仕方のノウハウを開示!
従前、ともすれば難しい、わからないといわれ、無原則・無定見に作成されてきた欠陥住宅調査鑑定書について、被害回復のための法的理論を前提にした訴訟に役立つ調査鑑定の方法を具体的・実践的に明示した関係者必携の書!
欠陥部位の多様な事例をもとにした実際の調査鑑定書を示しつつ、これと立体的・有機的に関連づけて解説をしているので極めて理解が具体的!
調査鑑定書からどのようにして訴状を作成するかについても具体的・実践的に論述!
弁護士、建築士、被害者のみならず裁判所関係者にとっても必読の書!

本書の主要内容

第1章 弁護士、被害者の求める調査鑑定書の内容
第2章 構造別の調査鑑定書作成の仕方と留意点
第3章 調査鑑定書を活かす訴状の書き方
第4章 欠陥住宅と建築士の責任
第5章 構造別調査鑑定書の具体例
第6章 調査鑑定書を受け取ってからの弁護士の対応
【参考資料】
1 欠陥住宅についての基本文献
2 欠陥調査関係書式
3 建物の安全性をめぐる参考文献
〔付 録〕
取り壊し建て替え賠償請求はできるか