既刊書一覧

 

トップ > 成年後見・財産管理・社会福祉 > 年金 > 裁決例による社会保険法〔第2版〕 ―国民年金・厚生年金保険・健康保険―

裁決例による社会保険法〔第2版〕 ―国民年金・厚生年金保険・健康保険―

加茂紀久男 著

2011年12月01日発行 A5判・639頁

ISBN: 9784896287370

価格 : 税込5,940 円(税抜:5,400 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

具体的な裁決例により法解釈の実践的な様相と問題点がわかる!

本書の特色と狙い

受給権の存否や保険料免除等に関する不服申立てに対する社会保険審査会の裁決例を引用・解説し、複雑な社会保険法を現実に即して理解できる!
保険者の教示の過誤、事務処理態勢の不十分さ、不作為などと信義則違反については全面的に改稿!
第2版では平成23年3月までの裁決例を追録!
 

本書の主要内容

第1章 各制度の概要、被保険者資格と保険給付との関係
 第1節 国民年金と厚生年金保険
 第2節 健康保険
第2章 被保険者資格の得喪
 第1節 国民年金
 第2節 厚生年金保険・健康保険
 第3節 国際的な社会保障協定の締結と社会保険給付
第3章 標準報酬月額、標準賞与額、平均標準報酬額
 第1節 概説
 第2節 標準報酬月額等の決定および改定
 第3節 標準報酬の再評価
 第4節 離婚の場合の標準報酬の改定
 第5節 任意継続被保険者の標準報酬月額
第4章 受給権の発生、消滅および支給停止
 第1節 受給権の発生と行使に関する一般的事項
 第2節 併給調整
 第3節 受給権の消滅時効および保険給付の制限
 第4節 未支給給付の支給
 第5節 給付と信義則等
 第6節 国年法上の受給権(特定障害者に対する特別障害給付金を含む)
 第7節 厚年法上の受給権
 第8節 健康保険上の受給権
第5章 国民年金保険料の免除
 第1節 概説
 第2節 所得額による免除の問題点
 第3節 学生等の給付特例の問題点
 第4節 所得額以外の免除事由
第6章 保険料等の納付、賦課徴収
 第1節 概説
 第2節 繰上げ徴収の適否
 第3節 差押えの適否
 第4節 厚生年金基金の特別掛金の賦課・徴収
 第5節 不服申立ての適否
第7章 保険給付等の請求手続および不服申立て
 第1節 申請・請求および処分
 第2節 審査請求および再審査請求
 第3節 訴訟