既刊書一覧

 

トップ > 法律実務家・法曹養成 > 法曹養成 > 実務 ロイヤリング講義〔第2版〕─弁護士の法律相談・調査・交渉・ADR活用等の基礎的技能─

実務 ロイヤリング講義〔第2版〕─弁護士の法律相談・調査・交渉・ADR活用等の基礎的技能─

名古屋ロイヤリング研究会 編

2009年01月19日発行 A5判・409頁

ISBN:9784896285086

価格 : 税込3,780 円(税抜:3,500 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

法律実務の基礎的技能が習得できる実践的手引書!法科大学院テキスト対応の注目の書!

本書の特色と狙い

依頼者からの相談、受任から解決手段の選択、委任終了後の措置に至る一連の手続の流れに沿って、あるべき「法律実務家の基礎的技能」とは何かを論じた、わが国唯一の書!
法科大学院制度は、「実務と理論の架橋」を目指すことを1つの設置趣旨としているが、これに応えるために設けられる「ロイヤリング授業」に活用できる教材として著された関係者待望の書!
依頼者から「安心」と「納得」「満足」が得られるために、法律実務家が有すべき基礎的技能を明示した実践的手引書!
法科大学院教育を担う研究者と実務家が、共同して実験授業や討議を重ねられた成果をもとに著された本書は、院生のみでなく若手からベテランまでの弁護士、さらには司法書士等の法律実務家にとっても必読の書!

本書の主要内容

第1部 総論編
 1 ロイヤリングとは
 2 ロースクールと「ロイヤリング」
 3 日本におけるロイヤリングの意義と今後
 4 法科大学院における法律基本科目と実務
   基礎科目の連携のあり方について
第2部 各論編
 第1章 初回面談の基本技術
 第2章 事件を受任する際の基本的技術
 第3章 調査・証拠収集の基本技術1
 第4章 調査・証拠収集の基本技術2
 第5章 ADRを含めた紛争解決手段の選択
 第6章 交渉総論
 第7章 紛争解決交渉1
 第8章 紛争解決交渉2
 第9章 合意文書の作成
 第10章 取引契約型交渉の基本技術1
 第11章 取引契約型交渉の基本技術2
 第12章 依頼者への説明・報告
 第13章 委任終了後の措置
参考資料
 「ロールプレイ」授業の授業方法に関する研究