既刊書一覧

 

トップ > 新民事執行実務 > 新民事執行実務 No.11 【特集】執行実務の現状・課題と展望

新民事執行実務 No.11 【特集】執行実務の現状・課題と展望

編集 日本執行官連盟

2013年03月29日発行 B5判・240頁

ISBN:9784896288551

価格 : 税込2,592 円(税抜:2,400 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

【特集】執行実務の現状・課題と展望

本書の特色と狙い

民事執行実務を適正・迅速に運用するために、執行現場における最新の動向や実務上の諸問題・留意点などを適時・的確に発信し、執行官制度の周知・理解と関係者の利便に資する!
民事執行にかかわる法令・判例や先例などの最新情報を適時に提供し、実務の円滑な運用に資する!
民事執行に関する理論と実務の架け橋となる論説・解説記事を斯界第1人者から執筆をいただき、民事執行に関与される方々の資質の向上と発展に資する!
本誌を媒介として学界・法曹界・金融機関等の企業の担当者と執行官連盟の緊密な連係関係を構築しつつ、研究活動等を通じて質の高い有意な情報を発信する!
司法制度改革が進展する今日の状況にあって、司法が国民の信頼を得るために、権利の実現のための最終的場面である民事執行制度および執行官制度の充実・発展に資する!
 
  • バックナンバー
 

本書の主要内容

巻頭言
 日本執行官連盟50年の歩み──温故知新──
 日本執行官連盟会長・東京地方裁判所総括執行官 菊永充彦
【特集】執行実務の現状・課題と展望
1 民事執行法の下における強制執行のとらえ方──請求権の実現か、裁判の執行か──
  一橋大学名誉教授 竹下守夫
2 民事執行・民事保全手続における法人格否認の法理
  専修大学名誉教授 梅本吉彦
3 執行法制の変革の歴史と今後の展望
  明治大学教授 上原敏夫
4 債権法改正と執行手続
  東京大学教授 沖野眞已
5 倒産法および執行法における権利の実現と調整──執行官業務への視座──
  中央大学教授 佐藤鉄男
6 預金債権の特定と超過差押え
  神戸大学准教授 青木哲
7 執行官制度の比較法的検討──フランス・ドイツとの比較を中心に──
  一橋大学教授 山本和彦
8 不動産競売の評価と執行官との連携
  評価人・不動産鑑定士 小谷芳正
9 明渡執行における占有認定に関する一考察──夫婦間の占有主体性と占有補助者の評価をめぐって──
  弁護士 古賀政治
10 建物収去土地明渡執行・建物退去土地明渡執行の構造
  京都大学教授 笠井正俊
11 担保不動産収益執行──制度の概要と実務上の諸問題
  早稲田大学教授 山野目章夫
12 流動資産一体型担保融資(ABL)と強制執行手続
  中央大学特任教授・弁護士 小林明彦
論説・解説
・東京地方裁判所(本庁)における平成24年の民事執行事件の概要
 東京地方裁判所民事第21部判事 内田義厚
・大阪地方裁判所(本庁)における平成24年の民事執行事件の概要
 大阪地方裁判所第14民事部判事 桑原直子
重要判例解説
 民事執行関係重要判例の回顧(平成24年)
 大阪大学大学院高等司法研究科教授 下村眞美
 
最高裁判所民事局情報
【資料1】執行官事務に関連する最近の通達・通知等の概要
【資料2】BITによる物件明細書等のインターネットへの公示庁
 
【部会活動報告】
・現況調査部会
・編集部会
 
参考資料 執行官取扱区域一覧