既刊書一覧

 

トップ > 法律専門誌 > 実践 成年後見 > 実践 成年後見 No.107【特集】身元保証問題と成年後見制度の活用を考える

実践 成年後見 No.107【特集】身元保証問題と成年後見制度の活用を考える

[編集顧問]新井 誠

2023年11月01日発行(10月10日発売) B5判・103頁

ISBN:9784865565911

価格 : 税込2,200 円(税抜:2,000 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

【特集】身元保証問題と成年後見制度の活用を考える

本書の特色と狙い

成年後見実務に関する最新の情報を提供する唯一の専門雑誌! 専門誌としてのクオリティはそのままに、成年後見制度の広がり、かかわる方の多様化に対応して誌面を刷新!
 
毎号の特集では実務で直面している問題点に焦点をあて、わかりやすく解説!
 
後見実務に携わる弁護士、司法書士、社会福祉士、行政書士、税理士等の実務家をはじめ、研究者、行政担当者、福祉・医療・介護関係者、成年後見制度に携わる親族・市民等にとって役立つ情報が満載!
 
[編集顧問]新井 誠
[編集委員]赤沼康弘・池田惠利子・大貫正男・小嶋珠実・高橋 弘・森 徹・(公社)成年後見センター・リーガルサポート
[企画](公社)成年後見センター・リーガルサポート
 

年間購読のお申込みはコチラから。

  • バックナンバー

  •  

    編集担当者から一言

    身元保証問題を探る特集では、地域の実情に応じた取組みが進められている一方で、医療現場ではいまだに法理論も含めて課題があることがわかる。身元保証サービス事業者への規制の必要性等も含めて、今後の参考にしてほしい。
     

    本書の主要内容

    【特集】身元保証問題と成年後見制度の活用を考える
    1 わが国における孤独・孤立対策の概況
      内閣官房孤独・孤立対策担当室
    2 身寄りのない人の医療の現場と課題〜医療機関での身元保証問題を考える〜
      弁護士・武蔵野大学客員教授 八杖友一
    3 個人保証に依存しない入院・入所慣行の確立に向けて
      滋賀大学教授 能登真規子
    4 各種領域における身元保証裁判例の動向〜特に入院時等の身元保証における公平なリスク分担・調整方法を中心に〜
      東洋大学准教授 根岸 謙
    5 身元保証問題を広域で取り組むことの意義と課題
      特定非営利活動法人知多地域権利擁護支援センター理事長 今井友乃
    6 社会福祉協議会による身元保証事業の取組み
      権利擁護センターあだち・社会福祉士 橋本孝子
    【論説・解説】
    ・日本における高齢者法の課題
     慶應義塾大学教授 西 希代子
    ・意思決定支援会議と専門職後見人――社会福祉士調査からみえてきたこと――
     東京都健康長寿医療センター研究所 菊地和則
    ・日本成年後見法学会第20回学術大会傍聴記
     司法書士 山順子
     司法書士 睫郤蘰
    【裁判例研究】
     生活保護法63条に基づく保護費全額返還決定の適法性(東京高裁令和2年6月8日判決・賃金と社会保障1765号38頁)
     流通経済大学教授 周 作彩
    【連載】
    ・実践的医学用語解説80 認知症境
     千葉大学教授 五十嵐禎人
    【事例】
     1 成年後見制度の理解と利用支援における法律職、家庭裁判所との連携〜社会福祉士である保佐人の立場からの試みと考察〜〔保佐〕
       社会福祉士 毛利真紀/〔ガイド〕社会福祉士 池田和枝
     2 被保佐人と周辺関係者との課題共有の難しさ〔保佐〕
       司法書士 奈古屋 潔/〔ガイド〕司法書士 大裕之
    オン・アンド・アラウンド
    ・任意後見チャンネル〔第10回〕(山順子)
    ・イベント情報
















  •