既刊書一覧

 

トップ > 企業法務・契約・事業再編 > その他の企業実務 > コンプライアンス時代における事故対応・損害賠償の実務の手引

コンプライアンス時代における事故対応・損害賠償の実務の手引

東谷隆夫・高橋大祐・渡邊竜行・佐藤健太 著    

2015年01月09日発行 A5判・358頁

ISBN:9784896289893

価格 : 税込4,070 円(税抜:3,700 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

コンプライアンス・CSR時代の事故対応・損害賠償の実務を解説!

本書の特色と狙い

交通事故をはじめとする各種事故の被害者救済、抜本的解決につながる適切な対応方法を加害者の視点から解説!
コンプライアンス・CSRが求められる時代において、企業の法務・危機管理担当者や企業法務に携わる法律実務家の必読書!
 
  • 目次
 

本書の主要内容

序 本書の目的と構成
 [1] 本書の対象
 [2] コンプライアンス・CSR時代の企業環境と事故対応・損害賠償実務
 [3] 新たな事故対応・損害賠償実務の手法・能力の確立の必要性
 [4] 本書の構成
第1章 コンプライアンス・CSR時代における損害賠償実務の新展開
 [1] 事故対応におけるコンプライアンス・CSR要請の高まり
 [2] 事故対応における反社会的勢力・クレーマー問題の複雑化
 [3] 損害賠償に関する判例・基準の流動化
 [4] 新しい事故対応・損害賠償実務に与える実務的影響
第2章 実務対応〈基礎編〉─交通事故における事故対応・損害賠償実務
 [1] 交通事故の特徴
 [2] 平時における対応
 [3] 事故直後の対応
 [4] 利害関係者別コミュニケーション
 [5] 反社会的勢力・クレーマー対応
 [6] 証拠の収集
 [7] 損害の認定
 [8] 高次脳機能障害、低髄液圧症候群、PTSD、CRPS、むち打ち損傷
 [9] 示談交渉
 [10] 紛争解決手続
第3章 実務対応〈応用編〉─各種事故における事故対応・損害賠償実務
 [1] 運送事故
 [2] 製品事故
 [3] 労災事故
 [4] 建設事故
 [5] 医療事故
 [6] 海洋汚染事故