既刊書一覧

 

トップ > 企業法務・契約・事業再編 > 契約・契約書 > M&A・アライアンス契約書の作成と審査の実務

M&A・アライアンス契約書の作成と審査の実務

滝川宜信 著

2016年12月11日発行(12月01日発売) A5判・603頁

ISBN:9784865561197

価格 : 税込5,832 円(税抜:5,400 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

契約書関連

複数契約の理論と実務─判例法理から契約条項作成まで

複数契約の理論と実務─判例法理から契約条項作成まで

小林和子・太田大三 編著

税込3,456円(税抜:3,200円)

業務委託(アウトソーシング)契約書の作成と審査の実務

業務委託(アウトソーシング)契約書の作成と審査の実務

滝川宜信 著

税込5,940円(税抜:5,500円)

取引基本契約書の作成と審査の実務〔第5版〕

取引基本契約書の作成と審査の実務〔第5版〕

滝川宜信 著

税込4,320円(税抜:4,000円)

ビジネス契約書の基本知識と実務〔第2版〕

ビジネス契約書の基本知識と実務〔第2版〕

弁護士 花野信子 著

税込2,160円(税抜:2,000円)

多様なケースを想定して著された契約関係者の必携書!

本書の特色と狙い

企業戦略の一つである企業間結合の際に利用されるM&Aおよびアライアンス契約書について、具体的な基本条項例を示しつつ重要な条項には、「留意点」、「検討課題」、「条文変更例」を示して、契約実務に実践的に活用できるよう懇切丁寧に解説をした待望の書!
第1部「M&A・アライアンス契約と法」では、M&Aやアライアンスに関連する各種の法律と実務を一体にして、専門家にも活用できるよう詳細に解説!
第2部「契約書の作成と審査の実務」では、M&Aやアライアンス契約の締結に至る過程が一つとして同じものがない状況にあって、契約の内容が作成担当者の希望にマッチするようさまざまなケースを想定して条項の変更例・応用例を提示した至便の手引書!
企業の経営戦略に関与される方や法務・契約担当者はもちろん、弁護士、司法書士、行政書士などの法律実務家にとっても必備の書!
  • 滝川ビジネス契約コンサルティング
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1部 M&A・アライアンス契約と法
第1章 M&A・アライアンスと会社法
第2章 M&A・アライアンスとその他の法
第2部 契約書の作成と審査の実務
第1章 M&A等の契約書の特徴
第2章 M&A・アライアンスの検討段階前の契約書
第3章 会社法の組織再編に関する契約書
[1]合併に関する契約書
   1 吸収合併に関する基本合意書
   2 吸収合併契約書
   3 新設合併契約書
[2]会社分割に関する契約書
   1 共同新設分割に関する基本合意書
   2 共同新設分割計画書
   3 新設分割計画書
   4 吸収分割契約書
[3]株式交換・株式移転に関する契約書
   1 株式交換に関する基本合意書
   2 株式交換契約書
   3 共同株式移転に関する基本合意書
   4 共同株式移転計画書
第4章 事業・株式の譲渡に関する契約書
   1 事業譲渡に関する基本合意書
   2 事業譲渡契約書
   3 株式譲渡契約書
   4 総数株式引受契約書
   5 民事再生支援スポンサー契約書
第5章 アライアンスに関する契約書
[1]ジョイント・ベンチャー契約書
   1 合弁会社設立契約書
   2 建設工事共同企業体協定書
[2]業務・資本提携契約書
   1 業務・資本提携に関する基本合意書
   2 業務提携契約書
[3]共同研究開発における契約書
   1 共同研究開発契約書
[4]組合に関する契約書
   1 有限責任事業組合契約書
   2 投資事業有限責任組合契約書