既刊書一覧

 

トップ > 法律専門誌 > Law & Technology > Law&Technology No.75 【知財訴訟の論点】

Law&Technology No.75 【知財訴訟の論点】

2017年04月01日発行(03月17日発売) B5判・146頁

ISBN:9784865561517

価格 : 税込2,376 円(税抜:2,200 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

【知財訴訟の論点】

本書の特色と狙い

知的財産・バイオ・環境・情報・科学技術と法を結ぶ専門情報誌!
知財専門部の最新判例紹介、最高裁調査官の解説による重要判例解説、関係官庁の最新動向を発信する行政情報など、弁護士・弁理士などの法律実務家、企業の特許・法務部関係者、研究者、行政関係者にとって情報の宝庫!
 

年間購読のお申込みはコチラから。

年間購読者限定の電子版も好評配信中!


 
  • バックナンバー
 

本書の主要内容

論説・解説
・パリの日欧模擬裁判〜証拠収集
 知的財産高等裁判所前所長・弁護士 設樂隆一

【知財訴訟の論点】
 1 特許法102条3項の損害認定
   大阪高等裁判所部総括判事 山田知司
 2 特許法102条1項ただし書の事情および同条2項の推定覆滅事由
   東京地方裁判所判事 天野研司

・米国における発明の非開示の利点に関する主張とその参酌(上)〜米国判例法の歴史とIFFアプローチ〜
 特許庁審査第二部審査官 宮崎賢司
 特許庁審査第三部審査官 神野将志
・特定農林水産物等の名称の保護に関する法律の改正
 農林水産省食料産業局知的財産課法令担当専門官 粟津侑
・TPP協定整備法による確約手続の導入
 公正取引委員会事務総局経済取引局企画室総括係長 多賀根健
 
〔特報〕日欧知的財産司法シンポジウム2016
──エンフォースメント戦略の道しるべ〜侵害と有効性の判断を考える──
1 日欧知的財産司法シンポジウム2016の概要(開催報告)
  特許庁審判部審判課企画班長・審判官 清水祐樹
2 侵害と有効性の判断の交錯についての評価と将来
  知的財産高等裁判所前所長・弁護士 設樂隆一
3 分離審理(Bifurcation)の将来
  ドイツ連邦最高裁判所第10民事部総括判事 ペーター・マイアー=ベック
  (翻訳:元知的財産高等裁判所判事・弁護士 三村量一・元特許庁審判官・弁理士 加藤志麻子)
4 ドイツにおける特許無効手続
  ドイツ連邦特許裁判所長官 ベアーテ・シュミット
  (翻訳:元知的財産高等裁判所判事・弁護士 三村量一・特許庁審判部審判課企画班長・審判官 清水祐樹)
判例研究
・展示会への出展品の形態模倣と不正競争防止法2条1項3号(スティック形状加湿器事件 知財高判平28・11・30)
 京都女子大学教授 泉克幸
【シリーズ】稲苗法の国際比較1
 各国の植物品種保護制度
 稲苗法研究会
 (代表:滝井明子・芹田幸子・加藤幸江・苗村博子・中務尚子・福田あやこ・塩田千恵子・寺田明日香)
最新知財判例紹介(平成28年9月〜平成29年2月)
・75号掲載判例索引
・〔高裁〕26件〔地裁〕46件
〈リレー連載コラム〉ある日の知財弁護士#25
・弁護士知財ネットの事務局として
 星大介