既刊書一覧

 

トップ > 法律専門誌 > 実践 成年後見 > 実践 成年後見 No.68 【特集】成年後見制度3類型の検証

実践 成年後見 No.68 【特集】成年後見制度3類型の検証

[編集顧問]新井誠

2017年05月01日発行(04月10日発売) B5判・136頁

ISBN:9784865561555

価格 : 税込2,052 円(税抜:1,900 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

行政速報
・成年後見制度利用促進基本計画(平成29年3月24日閣議決定)
《座談会》成年後見制度利用促進基本計画で何が変わるか
 中央大学教授 新井誠/社会福祉士 池田惠利子/司法書士 川口純一/弁護士 土肥尚子/最高裁判所事務総局家庭局長 村田斉志
特集 成年後見制度3類型の検証
1 成年後見制度の理念と3類型がつくられた背景
  明治大学准教授 星野茂
2 後見類型論の行方──ベルギー成年後見法改正(2013年)を例として
  早稲田大学准教授 山城一真
3 3類型の実務上の考察
  弁護士 井上計雄
4 法定後見制度の見直し──オーストリアの改革案が示唆するもの──
  学習院大学教授 岡孝
5 3類型の法理論からみた課題:自験例からの考察
  東洋大学教授 白石弘巳
6 類型主義の課題とその解決策──あるべき制度設計を考える──
  日本成年後見法学会制度改正研究委員長・弁護士 赤沼康弘
シリーズ 第4回成年後見法世界会議報告2〜The 4th World Congress on Adult Guardianship〜
 (1)〈パネル1〉法的能力と支援の必要性
     山本美佐子
 (2)〈パネル4〉法的能力の講師における支援の必要性の評価
     大輪典子
 (3)〈パネル5〉法的権限行使における家族の役割
     金井憲一郎
 (4)〈パネル7〉経済的搾取と監督
     澁谷彰久
 (5)〈パネル8〉自由のはく奪と同意のない医療
     中野篤子
 (6)〈パネル9〉高齢者の介護虐待と特別な脆弱性
     安井祐子

【裁判例研究】介護付有料老人ホームの入居一時金を償却する旨の特約の効力──東京地裁平成22年9月28日判決
 弁護士 安藤朝規
事例
[1]支援者のネットワークに支えられて──複雑な事情を抱える家族のケースから──〔後見〕
   社会福祉士 菅原千佳/〔ガイド〕社会福祉士 柴田邦昭
[2]本人の自宅へ戻る可能性と居住用不動産の売却の検討〔後見〕
   司法書士 井上尚人/〔ガイド〕司法書士 中里理江
連載
・実践的医学用語解説47
 千葉大学教授 五十嵐禎人
オン・アンド・アラウンド
・参加しました(千貝愛)
・ただいま奮闘中!(E)
・後見人を務めて(牧野尚子)
・法律と福祉のことば22(赤沼康弘・小嶋珠実)
情報
・関係団体情報
 (リーガルサポート・精神保健福祉士協会・社会福祉士会)
・イベント情報
※行政情報、報道情報はお休みします。