既刊書一覧

 

トップ > その他のシリーズ > 司法書士裁判実務大系 > 司法書士裁判実務大系 第1巻[職務編]

司法書士裁判実務大系 第1巻[職務編]

日本司法書士会連合会 編

2017年06月07日発行 A5判・421頁

ISBN:9784865561609

価格 : 税込4,320 円(税抜:4,000 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

司法書士法の解釈と裁判例から導かれる具体的な執務のあり方を示す!

本書の特色と狙い

裁判書類作成を通じた本人訴訟支援および簡裁代理の理論を探究し、司法書士による裁判実務の指針を示すとともに、司法制度における司法書士制度・司法書士法改正の位置づけ、法律相談・法律判断・倫理等の論点に論及!
和歌山訴訟最高裁判決・高裁判決・地裁判決、高松高裁判決、松山地裁西条支部判決など、裁判外の代理権や裁判書類作成の範囲が争点となった判例・裁判例を精緻に分析し、相談から委任事務終了までの日頃の業務において留意すべき点を具体的にわかりやすく解説!
続刊予定の第2巻[民事編]、第3巻[家事・刑事編]において解説される事件類型別の実務の基礎となる考え方がわかる!
 
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1章 司法制度の歴史における司法書士制度の位置
第2章 司法制度改革と司法書士制度
第3章 民事紛争解決機能からみた司法書士の多様な可能性
第4章 司法書士の裁判実務とは何か
第5章 裁判書類作成関係業務
第6章 簡裁訴訟代理等関係業務
第7章 司法書士の裁判実務をめぐる諸問題
 1 法律相談と法律判断
 2 裁判業務における倫理