既刊書一覧

 

トップ > ケースブックシリーズ > ケースブック保全・執行のための不動産の調査─仮差押え・差押えに活かす探索・調査・評価の実務─

ケースブック保全・執行のための不動産の調査─仮差押え・差押えに活かす探索・調査・評価の実務─

不動産鑑定士 曽我一郎 著

2017年08月09日発行(07月21日発売) A5判・453頁

ISBN:9784865561753

価格 : 税込4,536 円(税抜:4,200 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

相手方不動産の探索・調査から価値把握までの手法を詳解!

本書の特色と狙い

勝訴判決を無価値にしないために、鑑定・評価の基礎知識から各種不動産の探索・調査の実務上の留意点までを活用しやすい142のケースにしてわかりやすく解説!
隠密・密行性を有する債務者不動産の探索・調査の実践的手法や法律実務家でもできる簡易で正確な不動産価値把握が可能な多様な方法等、仮差押え、差押えを奏功させるための具体的なノウハウをはじめて開示!
民事裁判の証拠資料収集マニュアルとして活用できるので、法律実務家はもとより、裁判所関係者、金融機関、サービサー等の担当者にとっても必備の書!
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1章 不動産鑑定・評価の基礎知識
 第1 法律実務と不動産の価格査定
 第2 不動産価値と鑑定評価の知識
第2章 訴訟の相手方不動産の探索・調査方法
 第1 財産調査と不動産探索
 第2 財産開示制度
 第3 不動産探索の具体的方法
 第4 不動産探索の具体的ケース
 第5 不動産調査の総論
第3章 土地調査の留意点
 第1 土地調査の総論
 第2 土地調査の具体的ケース
 第3 借地権等調査の具体的ケース
 第4 法定地上権
第4章 建物調査の留意点
 第1 建物調査の総論
 第2 建物調査の具体的ケース
 第3 未登記建物と建物認定要件
 第4 建物賃借権と対抗問題
第5章 マンション調査の留意点
 第1 区分所有建物の総論
 第2 区分所有建物調査の具体的ケース
第6章 特殊不動産調査の留意点
第7章 不動産鑑定・評価の簡易手法
 第1 不動産鑑定・評価の簡易的手法概説
 第2 民事執行法に基づく評価
 第3 土地の鑑定・評価の簡易手法
 第4 借地権等の鑑定・評価の簡易手法
 第5 建物の鑑定・評価の簡易手法
 第6 区分所有建物の鑑定・評価の簡易手法
 第7 特殊な物件の鑑定・評価の簡易手法
 第8 その他の留意事項