既刊書一覧

書籍・単行本(カテゴリ別)
法律専門誌・学会誌
その他のカテゴリ
会員登録はコチラ
メールマガジンのみの登録はコチラ
 

トップ > その他の法律問題 > その他 > 知らないでは済まされない! LGBT実務対応Q&A─職場・企業、社会生活、学校、家庭での解決指針─

知らないでは済まされない! LGBT実務対応Q&A─職場・企業、社会生活、学校、家庭での解決指針─

弁護士 帯刀康一 編著  市橋卓・大畑敦子・織田英生・木下岳人・五島丈裕・杉村亜紀子 著

2019年12月21日発刊 A5判・217頁

ISBN:9784865563160

価格 : 税込2,750 円(税抜:2,500 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

巻頭インタビュー掲載 はるな愛さん推薦!

本書の特色と狙い

現行の法律・制度で、日々の生活での課題をどのように解決できるのか、弁護士がわかりやすく解説!
日々の生活で課題となっている相談事例をQ&Aで紹介し、解決策・対処法を解説!
カミングアウトをされた場合にどのような対応をしたらよいのか、パワハラやセクハラにあたる言動など、相談を受けた場合に留意すべき点について、弁護士による実践的なアドバイスを掲載!
 
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

はるな愛さんインタビュー
「その人」のことを知ろうとする想いであふれた愛のある社会に!
第1章 基礎知識
1 はじめに
2 性の構成要素
3 セクシュアルマイノリティ
4 セクシュアルマイノリティは特別ではない
5 セクシュアルマイノリティの人口
6 セクシュアルマイノリティが抱える問題
7 セクシュアルマイノリティをめぐる国際的状況
8 日本国内の法律
9 その他の国の動き
10 地方自治体の取組み
11 企業の取組み
第2章 家庭(パートナー)・社会生活をめぐる問題への対応
Q1 同性パートナーの婚姻
Q2 同性パートナーの病気・高齢化問題
Q3 同性パートナー間における子ども
Q4 同性パートナー関係の解消
Q5 同性パートナーの死亡
Q6 戸籍上の性別変更
Q7 アウティングの問題―LGBTのプライバシー保護
第3章 職場の問題への対応
Q1 カミングアウトへの対応
Q2 性的指向・性自認に関係する性的な言動とセクハラ
Q3 性的指向・性自認に関係する言動とパワハラ
Q4 職場における性自認に応じた通称使用
Q5 性的指向・性自認に関係する労働条件、人事上・事実上の措置に関する基本的な考え方
Q6 福利厚生に関する問題
Q7 採用活動に関する問題
Q8 性的指向等に関係する解雇に関する問題
Q9 退職勧奨に関する問題
Q10 配転に関する問題
Q11 海外赴任に関する問題
Q12 職場におけるトランスジェンダーの服装に関する問題
Q13 職場におけるトイレ(更衣室)に関する問題
Q14 社宅に関する問題
Q15 性別適合手術による欠勤に関する問題
Q16 職場のLGBTに関する対応手順
第4章 企業活動に伴う問題への対応
Q1 施設運営におけるLGBT対応
Q2 レディース・プランへの対応
Q3 賃貸経営におけるLGBT対応
Q4 パートナーシップ証明等における条例対応
Q5 LGBT対象ビジネスでの法的留意点
Q6 契約書のLGBT条項に関する留意点
Q7 キャラクタービジネス等に関する留意点
Q8 シミュレーションゲームの設定等に関する留意点
Q9 広告等でのLGBTへの蔑称と受け取られる表現の留意点
Q10 入会時の性別確認の留意点
第5章 学校に関する問題への対応
Q1 LGBTの児童生徒が直面する問題
Q2 性同一性障害の児童生徒に対する特有の支援
Q3 LGBTの児童生徒から相談を受けた場合の留意点
Q4 性自認や性的指向を理由とするいじめの現状と留意点
Q5 学校が取り組むべきこと
Q6 偏見、差別意識がある保護者への対応