既刊書一覧

 

トップ > 消費者問題 > 消費者法(学会誌) > 消費者法 第12号  第12回大会シンポジウム「不動産取引と消費者保護」

消費者法 第12号  第12回大会シンポジウム「不動産取引と消費者保護」

編集 日本消費者法学会

2020年09月30日発行 A5判・99頁

ISBN:9784865563993

価格 : 税込2,200 円(税抜:2,000 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

第12回大会シンポジウム「不動産取引と消費者保護」

 
  • バックナンバー
 

本書の特色と狙い

日本消費者法学会の機関誌 第11号!
 

本書の主要内容

☆巻頭言
 研究者と実務家との協働
 弁護士 吉岡和弘
第12回大会シンポジウム「不動産取引と消費者保護」
 《司会》
  青山学院大学教授 河上正二
  金沢大学教授 尾島茂樹
〔報告1〕企画の趣旨など
     青山学院大学 河上正二
〔報告2〕不動産問題と消費者法──特に原野商法をめぐる問題点──
     広島大学名誉教授 鳥谷部茂
〔報告3〕不動産ローンと消費者保護──抗弁の接続を中心として──
     金沢大学教授 尾島茂樹
〔報告4〕不動産賃貸借で授受される金銭について──消費者法・借地借家法の観点から――
     法政大学教授 大澤 彩
〔報告5〕建築物の瑕疵をめぐる責任と消費者保護――ドイツ法における議論の動向を参考に――
     名古屋経済大学准教授 永岩慧子
〔報告6〕不動産取引における契約適合性と適合性原則
     東京経済大学教授・弁護士 村本武志
〔報告7〕高齢の消費者と不動産取引――有料老人ホーム入居契約を素材に――
     京都産業大学教授 坂東俊矢
〔報告8〕マンションにおける消費者問題と消費者法――第三者との契約における管理組合の法的地位と「消費者」性を中心に――
     早稲田大学教授 鎌野邦樹
〔ディスカッション〕
 《司会》
  青山学院大学教授 河上正二
  金沢大学教授 尾島茂樹
《討論参加者》
  中央大学教授 宮下修一
  立命館大学教授 松本克美
  成城大学教授 町村泰貴
  京都大学名誉教授 山本 豊
  明治大学教授 川地宏行
  大阪大学招聘教授 千葉惠美子
  青山学院女子短期大学教授 信澤久美子
  弁護士 池本誠司
  新潟大学教授 田中幸弘
  龍谷大学教授 中田邦博
  立命館大学教授 松岡久和
  中央大学法科大学院フェロー 執行秀幸
  香川大学教授 藤田寿夫
  東洋大学教授 芦野訓和
  東邦音楽大学教授 川端敏朗
  千葉大学教授 岡林伸幸
  消費者機構日本会員 納 英輔
  早稲田大学教授 後藤巻則
  東京経済大学教授 桜井健夫
  大阪大学名誉教授 平田健治
  立命館大学教授 谷本圭子
  弁護士 加藤進一郎
  弁護士 齋藤雅弘

※所属等は2019年11月現在のもの。
 
大会開催報告
総会開催報告
理事会開催報告
日本消費者法学会規約・投稿規程・査読規程
役員一覧