既刊書一覧

書籍・単行本(カテゴリ別)
法律専門誌・学会誌
その他のカテゴリ
会員登録はコチラ
メールマガジンのみの登録はコチラ
 

トップ > その他のシリーズ > 実務大系シリーズ > 行政手続実務大系─適正手続保障を実現する実務と書式─

行政手続実務大系─適正手続保障を実現する実務と書式─

行政手続学会 編  山下清兵衛 監修

2021年02月11日発刊 A5判・757頁

ISBN:9784865563818

価格 : 税込8,250 円(税抜:7,500 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

行政手続の基礎理論から行政関係訴訟の実務までを収録!

本書の特色と狙い

国民に対して適正手続保障を実現するためには、法律家による積極的な行政手続への関与が不可欠との理念のもとに、行政関係法や行政手続の知識・経験が豊富な執筆陣により理論・実務の両面から詳細な解説を試みた待望の実践的手引書!
「第1部」では、行政手続に関わる基礎知識について、さまざまなテーマを取り上げ、詳細かつ綿密な解説を施し、「第2部」では、各種の具体的な行政訴訟事件を取り上げて、実効性と実現性のある訴訟 の進め方と実務のあり方および訴状等の書式と一体の解説をした関係者必携の書!
日頃、行政手続に関与されている弁護士や行政書士などの法律実務家や行政の関係者をはじめ、行政事件に関心をもっている法律実務家や研究者、法科大学院生などにとって必読の書!

編集担当者から一言

行政訴訟における原告側勝訴率は一部勝訴を含めても10%程度といわれ、法律実務家が訴訟前から積極的にかかわっていくことで、優位な結果を望む気運が高まっています。執筆陣の熱い思いが込められた本書は、行政事件に携わる法律実務家だけでなく、よりよい国づくりを願う方々にも読んでもらいたい1冊です。
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

 第1部 総論編
 第1章 行政事件と民事事件
 第2章 行政事件訴訟法と原告適格
 第3章 行政訴訟における訴えの利益
 第4章 行政処分の範囲
 第5章 行政行為と行政手続
 第6章 新裁量統制
 第7章 当事者訴訟
 第8章 抗告訴訟
 第9章 段階的不利益処分
 第10章 予防訴訟と仮救済制度
 第11章 理由の差替え
 第12章 憲法訴訟
 第13章 行政訴訟における和解
 第14章 行政調査
 第15章 行政立法の違憲審査
 第16章 適正手続保障と法律家の行政手続関与
 第17章 行政手続法と行政指導・質問審査権の考察
 第2部 各論編
 第1章 租税訴訟における課税要件と法選択の準拠法
 第2章 入管法違反事件
 第3章 社会保障訴訟
 第4章 知的財産訴訟
 第5章 環境訴訟
 第6章 情報公開訴訟
 第7章 公物訴訟
 第8章 国籍訴訟
 第9章 住民訴訟
 第10章 独禁法違反事件の行政調査手続における適正手続保障
 第11章 保険医処分取消事件
 第12章 国家賠償訴訟
 第13章 労働者災害補償給付訴訟
 第14章 都市計画訴訟
 第15章 インサイダー取引課徴金取消請求訴訟
 第16章 許認可訴訟
 第17章 食品衛生法違反事件──理由提示の違法
 第18章 選挙権確認訴訟
 第19章 行政と信託事件
 第20章 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言と損失補償事件