既刊書一覧

 

トップ > 知的財産・公正取引 > 公正取引 > フランチャイズ事件処理の手引〔第2版〕

フランチャイズ事件処理の手引〔第2版〕

日本弁護士連合会消費者問題対策委員会 編

2021年10月14日発行 A5判・432頁

ISBN:9784865564648

価格 : 税込4,730 円(税抜:4,300 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

フランチャイズにおける加盟店の救済のために!

本書の特色と狙い

加盟店(フランチャイジー)の立場から、フランチャイズシステムの問題点を明らかにするとともに、Q&Aによって本部(フランチャイザー)と紛争になった場合の被害救済方法や紛争予防の方法等をわかりやすく解説!
初版発行時(2012年5月)以降の情勢や法令・ガイドライン等の改正、裁判例等を踏まえて記述を見直し改訂! 判例分析もさらに充実!
本部(フランチャイザー)と加盟店間で争われた裁判例について事案の概要や争点等を分析・整理した[判例分析]と、法令・ガイドライン等をまとめた[参考資料]を登載しており、実務に即役立つ!
 

編集担当者から一言

昨年9月のコンビニエンスストア本部と加盟店との取引等に関する実態調査からも、法的紛争がすぐになくなるとは思われません。本書が、加盟店の被害の予防と救済に役立つことを願っています。
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1章 総 論
第2章 各 論
 Q1 (相談を受けるにあたって 坊戚鷭颪瞭匹瀛――契約締結の際の契約書類等のチェックポイント
 Q2 (相談を受けるにあたって◆忙業計画書の読み方
 Q3 情報提供義務違反 宗叔箴緲渋
 Q4 情報提供義務違反◆宗週偽事実を告知しての勧誘
 Q5 指導援助義務違反
 Q6 いわゆるロスチャージについて
 Q7 会計代行
 Q8 仕入強制(取引先制限)
 Q9 営業時間の強制
 Q10 見切り販売
 Q11 競業避止義務
 Q12 更新拒絶
 Q13 違約金
 Q14 情報提供義務違反と損害論
第3章 判例分析
第4章 参考資料