既刊書一覧

 

トップ > 裁判実務 > 民事事件 > 実践 訴訟戦術[ヒヤリハット編]─弁護士も悩んでいる 事例に学ぶ実務感覚─

実践 訴訟戦術[ヒヤリハット編]─弁護士も悩んでいる 事例に学ぶ実務感覚─

東京弁護士会春秋会 編

2022年02月17日発行(02月04日発売) A5判・228頁

ISBN:9784865564914

価格 : 税込2,750 円(税抜:2,500 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

訴訟戦術

実践 訴訟戦術[刑事弁護編]─やっぱり弁護士は悩んでいる─

実践 訴訟戦術[刑事弁護編]─やっぱり弁護士は悩んでいる─

東京弁護士会春秋会 編

税込3,520円(税抜:3,200円)

実践 訴訟戦術─弁護士はみんな悩んでいる─

実践 訴訟戦術─弁護士はみんな悩んでいる─

東京弁護士会春秋会 編

税込2,530円(税抜:2,300円)

実践 訴訟戦術[離婚事件編]─弁護士はここで悩んでいる─

実践 訴訟戦術[離婚事件編]─弁護士はここで悩んでいる─

東京弁護士会春秋会 編

税込3,300円(税抜:3,000円)

失敗の兆候にいち早く気づき、具体的な予防策・対応策を知る!

本書の特色と狙い

依頼者への対応、裁判手続、弁護士報酬、事務所の運営などに潜むヒヤリハットに関して若手・中堅・ベテランが新人弁護士の質問に答える貴重な研究会の内容を開示!
姉妹書でも好評だった座談会形式を踏襲し、弁護士であれば誰でもぶつかる可能性のあるテーマについて、具体的な事例を素材にそれぞれの実務感覚に基づいて意見を交わす構成!
弁護士の大幅増員などによる弁護士同士のつながりの希薄化により、法律学の基本書からは得られない実践的なノウハウが共有されることの重要性が高まるなかで、気心知れた弁護士同士でなければ共有しにくいヒヤリハット事例を幅広く収録!
 

編集担当者から一言

経験豊富な中堅・ベテランが、現場で悩む新人・若手に、失敗の兆候に気づくためのヒントを語っています。失敗に厳しい世の中で、法律実務家が現場でたくましく生き抜くための手引となることを願っています!
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1章 依頼者への対応
 1 高齢の依頼者と意思能力
 2 反社会的勢力からの依頼
 3 依頼者との関係
第2章 裁判手続上の対応
 1 訴えの提起
 2 裁判関係書類
 3 期 日
 4 和 解
 5 事件終了後
 6 裁判官・書記官との関係
 7 法務局における手続
第3章 弁護士報酬
第4章 事務所の運営
第5章 悩ましい対応と懲戒リスク