既刊書一覧

 

トップ > 人事・労務・労働 > 過労死・過労自殺の救済Q&A〔第3版〕―労災認定と企業賠償への取組み―

過労死・過労自殺の救済Q&A〔第3版〕―労災認定と企業賠償への取組み―

大阪過労死問題連絡会 編

2022年04月15日発行(03月25日発売) A5判・272頁

ISBN:9784865565027

価格 : 税込2,750 円(税抜:2,500 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

令和2年・3年の認定基準の改正に対応!

本書の特色と狙い

被災者・遺族はもとより、支援する弁護士・関係者等にもぜひ手に取って役立ててほしい1冊!
被災者・遺族の立場に立って労災認定を得る方法と企業に対する賠償責任の追及方法をQ&Aで示した実用的な手引!
2020年5月にパワーハラスメントを心理的負荷に明示、さらに同年8月の複数事業労働者の判断方法を変更した過労自殺認定基準の改正、2021年9月に労働時間とそれ以外の負荷要因を総合的に判断するなど20年ぶりに全面改正された過労死認定基準に対応して、労災認定の手続と認定を得るための具体的な方法について、わかりやすく解説!
最新の法令・判例に基づき過労死・過労自殺を引き起こした企業の賠償責任の追及方法も示す!
 

編集担当者から一言

過労死の認定基準は20年振りに改正され、時間外労働が過労死ラインに達しない場合でも、労働時間以外の負荷要因を総合的に判断して労災認定されることとなりました。それでも、手続や認定に向けてすべきことは被災者・遺族にとって大きな負担です。本書は、そうした方々の力になるように作られました。
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1章 基礎知識
第2章 過労死の認定基準
第3章 過労自殺の認定基準
第4章 こんなケースも過労死、過労自殺
第5章 企業責任の追及
資料編