既刊書一覧

 

トップ > 成年後見・財産管理・社会福祉 > 実践 成年後見 > 実践 成年後見 No.105【特集】「意思決定支援を踏まえた後見事務のガイドライン」に基づく実務

実践 成年後見 No.105【特集】「意思決定支援を踏まえた後見事務のガイドライン」に基づく実務

[編集顧問]新井 誠

2023年07月01日発行(06月09日発売) B5判・125頁

ISBN:9784865565737

価格 : 税込2,420 円(税抜:2,200 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

【特集】「意思決定支援を踏まえた後見事務のガイドライン」に基づく実務

本書の特色と狙い

成年後見実務に関する最新の情報を提供する唯一の専門雑誌! 専門誌としてのクオリティはそのままに、成年後見制度の広がり、かかわる方の多様化に対応して誌面を刷新!
 
毎号の特集では実務で直面している問題点に焦点をあて、わかりやすく解説!
 
後見実務に携わる弁護士、司法書士、社会福祉士、行政書士、税理士等の実務家をはじめ、研究者、行政担当者、福祉・医療・介護関係者、成年後見制度に携わる親族・市民等にとって役立つ情報が満載!
 
[編集顧問]新井 誠
[編集委員]赤沼康弘・池田惠利子・大貫正男・小嶋珠実・高橋 弘・森 徹・(公社)成年後見センター・リーガルサポート
[企画](公社)成年後見センター・リーガルサポート
 

年間購読のお申込みはコチラから。

  • バックナンバー

  •  

    編集担当者から一言

    ガイドラインにおける意思決定支援は本人を支援するためのアプローチの一つであり、完成形ではありません。今号の特集では、代行決定に踏み込まざるを得なかった場面が登場するなど、現場の支援者の悩みを皮膚感覚で感じとれる内容となっております。
     

    本書の主要内容

    【特集】「意思決定支援を踏まえた後見事務のガイドライン」に基づく実務
    1 精神科医からみた「意思決定支援を踏まえた後見事務のガイドライン」と意思決定能力
      千葉大学教授 五十嵐禎人
    2 岡山意思決定支援PT メンバーの弁護士からみたガイドラインによる実務の変化
      弁護士 竹内俊一
    3 事例からみた意思決定支援ガイドラインに基づく実務の変化
      弁護士 大村珠代
    4 司法書士からみた意思決定支援ガイドラインと後見実務にかかる考察
      司法書士 田代政和
    5 意思決定支援ガイドライン公表後の実務の変化と今後の課題
      司法書士 山順子
    6 社会福祉士からみた国ガイドラインに基づく実務と意義
      社会福祉士 平林和宏
      社会福祉士 大輪典子
    7 「意思決定支援のためのツール」を用いた実践事例からみた「意思決定支援を踏まえた後見事務のガイドライン」の意義
      社会福祉士 熊倉千雅
      社会福祉士 西原留美子
    【論説・解説】
    ・任意後見制度の利用状況に関する意識調査結果の概要
     静岡地方法務局次長(前法務省民事局民事第一課上席補佐官) 渡邉英介
    ・「ビヨンド意思決定後見ガイドライン」と「松の木プロジェクト」
     富山県手をつなぐ育成会・社会福祉士 細川瑞子
    【裁判例研究】
     後見開始の審判の原因となった交通事故の損害賠償に後見監督人報酬がどの程度含まれるのかが問題とされた事例――大阪地裁平成31年1月24日判決――
     日本大学准教授 蓮田哲也
     資料1 成年後見関係事件の概況――令和4年1月〜12月――
     最高裁判所事務総局家庭局
     資料2 後見人等による不正事例(最高裁判所事務総局家庭局実情調査)
    【コラム】「成年後見関係事件の概況――令和4年1月〜12月――」と「後見人等による不正事例」を考える
     茨城大学講師 福田智子
    【事例】
     1 認知症高齢者に対する後見事務の意思決定支援〜モンテッソーリケアの手法を取り入れて〜〔後見〕
       社会福祉士 中島有希子/〔ガイド〕社会福祉士 寺澤景子
     2 本人が本当にほしいものは何かを探った事例〔後見〕
       司法書士 竹田知史/〔ガイド〕司法書士 橋本 亮
    オン・アンド・アラウンド
    ・任意後見チャンネル〔第8回〕(市川道子)
    ・イベント情報