既刊書一覧

 

トップ > 成年後見・財産管理・社会福祉 > 実践 成年後見 > 実践 成年後見 No.108【特集】任意後見契約発効前における本人支援

実践 成年後見 No.108【特集】任意後見契約発効前における本人支援

[編集顧問]新井 誠

2024年01月01日発行 B5判・114頁

ISBN:9784865566000

価格 : 税込2,420 円(税抜:2,200 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

【特集】任意後見契約発効前における本人支援

本書の特色と狙い

成年後見実務に関する最新の情報を提供する唯一の専門雑誌! 専門誌としてのクオリティはそのままに、成年後見制度の広がり、かかわる方の多様化に対応して誌面を刷新!
 
毎号の特集では実務で直面している問題点に焦点をあて、わかりやすく解説!
 
後見実務に携わる弁護士、司法書士、社会福祉士、行政書士、税理士等の実務家をはじめ、研究者、行政担当者、福祉・医療・介護関係者、成年後見制度に携わる親族・市民等にとって役立つ情報が満載!
 
[編集顧問]新井 誠
[編集委員]赤沼康弘・池田惠利子・大貫正男・小嶋珠実・高橋 弘・森 徹・(公社)成年後見センター・リーガルサポート
[企画](公社)成年後見センター・リーガルサポート
 

年間購読のお申込みはコチラから。

  • バックナンバー

  •  

    編集担当者から一言

    特集の専門職の論考では、後見業務に長年携わってきた経験と、自らが任意後見の利用を考える年齢に入ったことから、依頼者はどのような支援を必要としているのかを突き詰め、熟考を重ね論じています。本人に寄り添った支援のあり方の一つを示しており、実務家必読です。
     

    本書の主要内容

    【特集】任意後見契約発効前における本人支援
    1 弁護士による任意後見契約発効前の支援(ホームロイヤー契約の紹介)
      弁護士 種谷有希子
      〔人とかかわって生きる〕
      ジャーナリスト・元朝日新聞論説副主幹 川名紀美
    2 リーガルサポートにおける任意後見契約発効前の支援
      司法書士 勝 猛一
    3 専門職における任意後見契約発効前の行動指針
      司法書士 大貫正男
    4 社会福祉協議会による支援
      (1)新宿区社会福祉協議会による任意後見契約締結および発効までの支援
         社会福祉法人新宿区社会福祉協議会成年後見センター担当課長 川勝健司
      (2)本別町社会福祉協議会による任意後見契約発効前における支援の実態
         本別町社会福祉協議会地域福祉活動推進部門管理者 笹川和哉
      (3)世田谷社会福祉協議会による任意後見契約発効前の本人支援
         世田谷区社会福祉協議会権利擁護支援課長 若林一夫
      (4)品川成年後見センターによる任意後見契約発効前における本人支援の取組み
         社会福祉法人品川区社会福祉協議会品川成年後見センター所長 小佐波幹雄
    【論説・解説】
    ・「2023年ドイツ改正世話法」視察報告
     中央大学研究開発機構教授 新井 誠
    ・施設等虐待における検証のあり方と第三者委員会
     弁護士 三好登志行
    ・「身元保証等高齢者サポート事業における消費者保護の推進に関する調査」結果の概要
     総務省行政評価局評価監視官(財務、文部科学等担当)室
    【裁判例研究】
     保佐開始の審判事件を本案とする保全処分において選任された財産管理者が提出した書面の同保全処分の事件記録該当性(最高裁令和4年6月20日決定・民集76巻5号1146頁)
     青山学院大学教授 熊谷士郎
    【連載】
    ・実践的医学用語解説81 認知症境
     千葉大学教授 五十嵐禎人
    【事例】
     1 若年性アルツハイマー型認知症をもつ本人の独居支援〔後見〕
       社会福祉士 坂田 岬/〔ガイド〕社会福祉士 紫藤千子
     2 本人の意思を尊重するために〔保佐・後見〕
       司法書士 村山澄江/〔ガイド〕司法書士 睫郤蘰
    オン・アンド・アラウンド
    ・任意後見チャンネル〔第11回〕(山順子)
    ・参加しました(編集部)
    ・イベント情報
























  •