既刊書一覧

 

トップ > 担保・執行・債権管理 > 執行 > 執行関係訴訟の理論と実務〔第2版〕

執行関係訴訟の理論と実務〔第2版〕

内田義厚 著

2024年01月22日発行 A5判・298頁

ISBN:9784865565898

価格 : 税込3,960 円(税抜:3,600 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

訴訟の争点、主張立証、訴訟手続上の留意点を網羅的に解説!

本書の特色と狙い

執行関係訴訟を、”堙執行からの救済を目的とする権利救済訴訟(請求異議の訴え、執行文付与に対する異議の訴え、第三者異議の訴え、配当異議の訴え)と、∈銚⊆圓慮⇒実現を助力する権利実現訴訟(執行判決訴訟、執行文付与の訴え、取立訴訟)に分類して、単なる実務の解説書ではなく、理論と実務の双方の見地から、元裁判官(東京地裁民事21部)が指針を提示する定番書の待望の改訂版!
第2版では、初版刊行以降の裁判例・学説等を大幅に補充して実務の背景にある理論的な考察をさらに深めるとともに、民法・民事執行法改正に対応し、執行手続のIT化についても言及して大幅増補!
執行関係訴訟で裁判官を理論面で説得する理論構成を検討するのに有用な1冊!
弁護士、裁判官などの法律実務家はもとより、不当執行からの救済や債権者の権利実現を助力する関係者に必須の知識が満載!
 

編集担当者から一言

先行文献が極めて少ないこともあって、初版は多くの方に利用していただきました。改訂に際して、この間の学説や裁判例などの情報量が格段に増えており、実務の手引としてより充実したものになっています!
 
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1章 総 論
第2章 権利救済訴訟
 第1節 請求異議の訴え
 第2節 執行文付与に対する異議の訴え
 第3節 第三者異議の訴え
 第4節 配当異議の訴え
第3章 権利実現訴訟
 第1節 執行判決訴訟
 第2節 執行文付与の訴え
 第3節 取立訴訟