既刊書一覧

 

トップ > 知的財産・公正取引 > Law & Technology > Law&Technology No.102【座談会】インターネット上の権利侵害対策に関する媒介者の責任

Law&Technology No.102【座談会】インターネット上の権利侵害対策に関する媒介者の責任

2024年01月01日発行 B5判・102頁

ISBN:9784865566048

価格 : 税込2,420 円(税抜:2,200 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

【座談会】インターネット上の権利侵害対策に関する媒介者の責任

本書の特色と狙い

知的財産・バイオ・環境・情報・科学技術と法を結ぶ専門情報誌!
知財専門部の最新判例紹介、最高裁調査官の解説による重要判例解説、関係官庁の最新動向を発信する行政情報など、弁護士・弁理士などの法律実務家、企業の特許・法務部関係者、研究者、行政関係者にとって情報の宝庫!
 

年間購読のお申込みはコチラから。

年間購読者限定の電子版も好評配信中!


 
  • バックナンバー
  • 正誤表
 

本書の主要内容

【座談会】インターネット上の権利侵害対策に関する媒介者の責任 ▶(一部立ち読み)
・《出席者》
 一橋大学教授 生貝直人
 早稲田大学教授 上野達弘
 京都大学教授 曽我部真裕
 内閣府知的財産戦略推進事務局次長 佐野究一郎
 弁護士 林 いづみ〔司会〕
論説・解説 ▶(一部立ち読み)
・不正競争防止法2条1項1号における「混同」の判断手法
 立命館大学教授 宮脇正晴
判例研究 ▶(一部立ち読み1
・剽窃的な商標登録出願が公序良俗に反するとして登録が無効とされた事例〔zhiyun事件 知財高判令5・1・19〕
 同志社大学教授 井関涼子
・音楽教室でのレッスンにおける生徒の演奏に関し音楽教室運営者は音楽著作物の利用主体ではないとされた事例〔音楽教室事件 最判令4・10・24〕
 神戸大学教授 前田 健
知財高裁詳報 ▶(一部立ち読み)
・知財高裁大合議判決
 〔コメント配信システム事件〕(知財高判令5・5・26(令和4年(ネ)第10046号))
最新知財判例紹介(令和5年4月〜令和5年9月)
・102号掲載判例索引
・〔高裁〕18件〔地裁〕21件  
〈リレー連載コラム〉ある日の知財弁護士#52
・ジュネーブより
 毛利峰子