既刊書一覧

 

トップ > 法律実務家・法曹養成 > 法曹養成 > ロースクール修了生20人の物語

ロースクール修了生20人の物語

大島眞一 編

2011年05月25日発行 A5判・300頁

ISBN:9784896286946

価格 : 税込2,268 円(税抜:2,100 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

法科大学院を修了した20人の渾身のレポート!

本書の特色と狙い

適性試験対策から法科大学院での過ごし方、司法修習の取り組み方、就職活動、法曹以外の道を歩んだ思い等を綴った渾身のレポート!
第1部では、神戸大学法科大学院で実務家教員として教鞭をとり、現在は、京都地方裁判所の判事である編者が、法曹養成プロセスを解説するとともに、第2部の修了生の物語を踏まえて法科大学院入学前から法曹になったその後、法曹とは別の道を歩むまでを概観!
第2部では、法科大学院を修了して、裁判官、検察官、弁護士(大手法律事務所、企業内弁護士、即独弁護士等)になった者、法曹とは別の道を歩んだ者など20人の修了生の多彩な物語を収録!
法曹をめざす法科大学院志願者、法科大学院生はもとより、その後の進路に悩む法科大学院修了生、司法修習生、法科大学院関係者にも法曹養成プロセスを検証する最適書!
司法改革審議会意見書から10年を経て、一つの答えをここに呈示!

本書の主要内容

第1部 法曹養成プロセスの概観
第2部 修了生の物語
 Vol 1 社会人女子学生はみた!−自治体職員経験から法科大学院を振り返る
 Vol 2 宇宙研究者の卵、弁護士になる
 Vol 3 先の見えない不安の中で−純粋未修者・社会人経験者の歩み
 Vol 4 基礎から学ぶ法科大学院−法学部卒未修者の視点から
 Vol 5 何とかなるはず─3回目の司法試験で合格
 Vol 6 マスコミ志望から裁判官へ─裁判官の生活
 Vol 7 検察官になって─法科大学院を振り返る
 Vol 8 言葉で伝えられない感情を大切に─弁護士と僧侶の両立
 Vol 9 裁判官に魅せられた司法修習生
 Vol 10 奮闘した就職活動─厳しさ増す就職戦線を報告
 Vol 11 山形修習から東京の法律事務所へ
 Vol 12 転校生、生まれ故郷長崎で弁護士になる
 Vol 13 海と子午線の街明石で即独弁護士
 Vol 14 課長補佐は、弁護士2年生─大手法律事務所から経済産業省へ出向
 Vol 15 議員秘書から小浜オバマの弁護士へ─ひまわり基金法律事務所
 Vol 16 佐渡へ佐渡へと草木もなびく─法テラス佐渡法律事務所
 Vol 17 なぜ企業弁護士になったのですか?
 Vol 18 小さなきっかけが将来を変える─家庭裁判所調査官の道へ
 Vol 19 失敗の連続から大きな成長へ─民間企業就職の道へ
 Vol 20 法曹の夢叶わず─いわゆる三振者の思い
第3部 統計資料