既刊書一覧

 

書籍売上ランキング(2017年2月1日〜2月28日集計)

第1位  営業秘密管理実務マニュアル

服部誠・小林誠・岡田大輔・泉修二 著
2017年02月13日発行 A5判・284頁 価格 : 税込3,024円(税抜:2,800円)

 

本書の特色と狙い

企業の最前線で活躍する弁護士・コンサルティング会社関係者による実務に直結した営業秘密の適切な管理手法を解説した実践的手引書!
基礎知識から自社の情報が第三者により侵害されたときの対応、特に重要な情報の漏えい・流出リスクの極小化、企業秘密が漏えい・流出した場合の対応、他社の情報の侵害者と疑われないようにする体制について、豊富に図表を織り込み丁寧に解説!
事例を織り込み具体的にイメージできるよう配慮し「実務ポイント」を掲載!
営業秘密管理実務マニュアル

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第2位  共有不動産の紛争解決の実務

弁護士・司法書士 三平聡史 著
2017年02月13日発行 A5判・348頁 価格 : 税込3,672円(税抜:3,400 円)

 

本書の特色と狙い

共有不動産の管理方法、占有する他の共有者や第三者に対する明渡請求・金銭請求、共有関係を解消するための共有物分割請求、共有持分買取権の行使、共有持分放棄などの具体的な手続を、78の事例に即して詳解!
相続や離婚の際にあわせて問題となりうる「共有者の1人による居住」「収益物件の経費・賃料収入」「使っていない共有不動産の管理」の相談対応や、「空き家」「所有者不明土地」「相続未登記」問題の解決のヒントに!
他の共有者等に対する通知書・合意書、共有物分割の類型ごとの訴状、紛争当事者の関係図を多数収録しており、実務に至便!
共有不動産の紛争解決の実務

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第3位  消費者六法〔2017年版〕

編集代表 甲斐道太郎・松本恒雄・木村達也
2017年03月13日発行(02月28日発売) A5判箱入り並製・1583頁 価格 : 税込5,616円(税抜:5,200 円)

 

本書の特色と狙い

消費者問題に関わる場合に、これだけはどうしても必要だと思われる法令、判例、書式、約款を収録した実務六法!
法令編では、消費者契約における不当条項類型の追加、取消権の行使期間伸長等の措置がなされた「消費者契約法」、業務停止命令を受けた法人役員等の業務開始禁止、電話勧誘販売について通常必要とされる分量を著しく超える商品の売買契約申込みの撤回等の措置がなされた「特定商取引に関する法律」、クレジットカード番号等取扱契約締結事業者の登録および販売業者等の調査義務の措置がなされた「割賦販売法」の改正等に対応するとともに、「個人情報の保護に関する法律」に係る施行令・施行規則、「成年後見制度の利用の促進に関する法律」を新たに収録!
判例編では、消費者被害救済に必須の888件の判例・裁判例を、付録編では、「野洲市くらし支えあい条例」を収録し、約款・約定書・自主規制編では、「民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款」の改訂に対応!
消費者六法〔2017年版〕

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第4位  持分会社の登記実務〔補訂版〕

青山修 著
2017年03月01日発行 A5判・371頁 価格 : 税込3,672円(税抜:3,400円)

 

本書の特色と狙い

持分会社の設立から社員の変更・代表者の変更、清算・清算結了、組織変更、種類変更までの登記手続を、豊富な図表と140を超える書式・記載例で詳解した実践的手引書!
番号利用法施行に伴う商業登記法・規則改正等を踏まえて補訂!
「手続のポイント」では、豊富な図表と先例・判例を登載することにより、持分会社を理解し、それぞれの登記手続を行ううえで必須の知識をわかりやすく解説!
持分会社の登記実務〔補訂版〕

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第5位  執行手続による債権回収

虎門中央法律事務所 編
2017年01月27日発行 A5判・335頁 価格 : 税込3,672円(税抜:3,400円)

 

本書の特色と狙い

強制執行手続を概説するとともに、各種担保権実行手続や競売手続を活用した債権回収について、基礎知識から実務の指針・留意点までを詳解!
豊富な経験と実績を有する虎門中央法律事務所が、終局的な権利実現手段である執行手続の実践的ノウハウを約80の書式・記載例とともに開示!
金融機関、サービサー会社や企業の担当者や弁護士、司法書士、税理士、公認会計士などの法律実務家などの関係者にとって待望の書!
執行手続による債権回収

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから