既刊書一覧

 

書籍売上ランキング(2017年4月1日〜4月30日集計)

第1位  共有不動産の紛争解決の実務

弁護士・司法書士 三平聡史 著
2017年02月13日発行 A5判・348頁 価格 : 税込3,672円(税抜:3,400 円)

 

本書の特色と狙い

共有不動産の管理方法、占有する他の共有者や第三者に対する明渡請求・金銭請求、共有関係を解消するための共有物分割請求、共有持分買取権の行使、共有持分放棄などの具体的な手続を、78の事例に即して詳解!
相続や離婚の際にあわせて問題となりうる「共有者の1人による居住」「収益物件の経費・賃料収入」「使っていない共有不動産の管理」の相談対応や、「空き家」「所有者不明土地」「相続未登記」問題の解決のヒントに!
他の共有者等に対する通知書・合意書、共有物分割の類型ごとの訴状、紛争当事者の関係図を多数収録しており、実務に至便!
共有不動産の紛争解決の実務

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第2位  破産管財PRACTICE

中森亘・野村剛司 監修 破産管財実務研究会 編著
2017年02月01日発行 A5判・330頁 価格 : 税込3,400円(税抜:3,672円)

 

本書の特色と狙い

業種別(第1部)と実務の場面ごと(第2部)に、事務処理上の留意点や直面する悩みへの着眼点、知恵・工夫を網羅! 業種別では、製造業、小売業から整骨院、牧畜業まで種々掲載!
第1部は、業種・事業類型別の事務処理上の留意点をまとめ、『破産管財BASIC』からさらなる架橋を図る!
第2部は、関西方面の弁護士を中心に、破産管財事件で、うまく処理できた事例、創意工夫した事例、苦労した事例を持ち寄り、特殊な部分を除き、一般に使えるように、編集委員が約100の事例とコラムにアレンジしてまとめ上げ、読者が同種の事案を処理するに際して、有益な情報となるものを集約!
破産管財PRACTICE

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第3位  Q&A 誰も書かなかった! 事業用借地権のすべて〔全訂三版〕

都市問題実務研究会 編
2017年04月11日発行 A5判・422頁 価格 : 税込3,996円(税抜:3,700円)

 

本書の特色と狙い

全体にわたり細部まで見直したほか、あらたに、信託不動産の定期借地権方式による活用など、最新の動向に合わせ改訂!
契約・登記・税務・鑑定の第一線で活躍する専門家が他の定期借地権にも適宜触れつつ平易に解説!
設定契約書、登記申請書の記載例だけでなく、利回りの考え方等を図表等で紹介!
Q&A 誰も書かなかった! 事業用借地権のすべて〔全訂三版〕

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第4位  法律家・消費者のための住宅地盤Q&A

地盤工学会関東支部地盤リスクと法・訴訟等の社会システムに関する事例研究委員会 編
2017年05月09日発行 A5判・186頁 価格 : 税込2,484円(税抜:2,300円)

 

本書の特色と狙い

2011年の東日本大震災の際に起こった造成地での盛土地盤のすべりや埋立地での液状化問題、2014年に広島で発生した豪雨による土砂災害、2016年の熊本地震の活断層による宅地被害など、自然災害の多い日本において地盤リスクをいかに減らすかという視点から、主に戸建て住宅の地盤に関して、その種類・特徴や法制度などの基礎知識から調査方法と判断基準、土地や基礎の選び方等までを、豊富な図表を適宜用いて、Q&A形式でわかりやすく解説!
コラムではマンションの杭基礎未達問題や熊本地震での宅地被害などの最新情報を取り上げ、資料編では宅地選びの際にも活用できる「宅地情報シート」や「地盤に関する用語解説」等を収録!
法律家・消費者のための住宅地盤Q&A

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第5位  事例にみる外国人の法的支援ハンドブック

神奈川青年司法書士協議会人権擁護委員会 編
2017年03月13日発行 A5判・284頁 価格 : 税込2,916円(税抜:2,700円)

 

本書の特色と狙い

司法書士の専門性を活かした支援の具体事例に即して「相談対応のポイント」から「問題の把握」「必要な手続」「実務上の留意点」「事件終結後の手続や支援」までを書式と一体として解説!
在留外国人を取り巻く現状と在留資格の基礎知識、法テラス・外国人支援機関・行政サービスの利用と他士業との連携などの関連知識も充実!
事例にみる外国人の法的支援ハンドブック

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから