既刊書一覧

 

書籍売上ランキング(2017年5月1日〜5月31日集計)

第1位  事例にみる外国人の法的支援ハンドブック

神奈川青年司法書士協議会人権擁護委員会 編
2017年03月13日発行 A5判・284頁 価格 : 税込2,916円(税抜:2,700円)

 

本書の特色と狙い

司法書士の専門性を活かした支援の具体事例に即して「相談対応のポイント」から「問題の把握」「必要な手続」「実務上の留意点」「事件終結後の手続や支援」までを書式と一体として解説!
在留外国人を取り巻く現状と在留資格の基礎知識、法テラス・外国人支援機関・行政サービスの利用と他士業との連携などの関連知識も充実!
事例にみる外国人の法的支援ハンドブック

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第2位  弁護士の経営戦略

高井伸夫 著
2017年05月21日発行 四六判・189頁 価格 : 税込1,836円(税抜:1,700円)

 

本書の特色と狙い

顧客の信頼を勝ち取ることを第一歩としてその具体的な秘訣を開示し、依頼者の記憶に残る営業の方法、事務所経営のポイント、仕事を楽しく回すコツなど、AI時代にこそ必須の日々使える手順・ノウハウがここにある!
弁護士としての喜びが得られる営業のあり方を示した注目の1冊!
弁護士の方、特に若手弁護士には必携の書! 一般企業に勤めている方にも、社会に役立つ自己表現に活用できる!
弁護士の経営戦略

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第3位  法律家・消費者のための住宅地盤Q&A

地盤工学会関東支部地盤リスクと法・訴訟等の社会システムに関する事例研究委員会 編
2017年05月09日発行 A5判・186頁 価格 : 税込2,484円(税抜:2,300円)

 

本書の特色と狙い

2011年の東日本大震災の際に起こった造成地での盛土地盤のすべりや埋立地での液状化問題、2014年に広島で発生した豪雨による土砂災害、2016年の熊本地震の活断層による宅地被害など、自然災害の多い日本において地盤リスクをいかに減らすかという視点から、主に戸建て住宅の地盤に関して、その種類・特徴や法制度などの基礎知識から調査方法と判断基準、土地や基礎の選び方等までを、豊富な図表を適宜用いて、Q&A形式でわかりやすく解説!
コラムではマンションの杭基礎未達問題や熊本地震での宅地被害などの最新情報を取り上げ、資料編では宅地選びの際にも活用できる「宅地情報シート」や「地盤に関する用語解説」等を収録!
法律家・消費者のための住宅地盤Q&A

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第4位  管理組合・理事のためのマンション管理実務必携

マンション維持管理支援・専門家ネットワーク 編
2017年03月25日発行 A5判・288頁 価格 : 税込2,700円(税抜:2,500円)

 

本書の特色と狙い

マンションライフが、より豊かに、安心で、快適なものとなるための手引書!
マンションに関する法律等の基礎知識はもちろん、会計・税務やコミュニティ条項、民泊など管理組合運営で気になる点をわかりやすく解説! 民泊に関するモデル規約・細則も明示!
マンション管理組合の理事になった方、マンション管理士、管理会社担当者が知っておきたい知識が満載の必携書!
管理組合・理事のためのマンション管理実務必携

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第5位  Q&A 誰も書かなかった! 事業用借地権のすべて〔全訂三版〕

都市問題実務研究会 編
2017年04月11日発行 A5判・422頁 価格 : 税込3,996円(税抜:3,700円)

 

本書の特色と狙い

全体にわたり細部まで見直したほか、あらたに、信託不動産の定期借地権方式による活用など、最新の動向に合わせ改訂!
契約・登記・税務・鑑定の第一線で活躍する専門家が他の定期借地権にも適宜触れつつ平易に解説!
設定契約書、登記申請書の記載例だけでなく、利回りの考え方等を図表等で紹介!
Q&A 誰も書かなかった! 事業用借地権のすべて〔全訂三版〕

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから