既刊書一覧

 

トップ > 法律実務家・法曹養成 > 法曹養成 > 法科大学院におけるローヤリング教育の理論と実践

法科大学院におけるローヤリング教育の理論と実践

日本弁護士連合会法科大学院センターローヤリング研究会 編

2013年12月3日発行 A5判・449頁

ISBN:9784896289053

価格 : 税込4,860 円(税抜:4,500 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

法曹倫理関連

なぜ弁護士は訴えられるのか─判例からみた現代社会と弁護士の法的責任─

なぜ弁護士は訴えられるのか─判例からみた現代社会と弁護士の法的責任─

升田純 著

税込7,452円(税抜:6,900円)

弁護士の経営戦略─「営業力」が信用・信頼をつなぐ─

弁護士の経営戦略─「営業力」が信用・信頼をつなぐ─

高井伸夫 著

税込1,836円(税抜:1,700円)

弁護士の情報戦略─「新説」創造力が信用を生み出す─

弁護士の情報戦略─「新説」創造力が信用を生み出す─

高井伸夫 著

税込1,836円(税抜:1,700円)

法曹倫理

法曹倫理

高中正彦 著

税込4,212円(税抜:3,900円)

カリキュラム、教育方法、教材、成績評価等のあり方を検証・解説した決定版!

本書の特色と狙い

法科大学院開講後新たに設けられた科目の教育方法を国内での実践例とともに海外の状況、医学教育からの示唆を紹介!
法科大学院関係者はもとより相談・交渉・ADR等にかかわる法律実務家、各士業研修担当者必読の書!
 
  • 目次

本書の主要内容

第1章 総論
第2章 法科大学院におけるローヤリング教育の内容・方法等
第3章 ローヤリング教育の現場
第4章 法科大学院修了生からみたローヤリング
第5章 海外におけるローヤリング授業
第6章 他分野の専門教育からの示唆
第7章 司法修習や弁護士会での研修との連携のあり方
第8章 法曹養成におけるローヤリングの意義と課題