既刊書一覧

 

トップ > その他の法律問題 > ネットトラブル > 発信者情報開示請求の手引─インターネット上の名誉毀損・誹謗中傷等対策─

発信者情報開示請求の手引─インターネット上の名誉毀損・誹謗中傷等対策─

電子商取引問題研究会 編

2016年04月15日発行 A5判・220頁

ISBN:9784865560800

価格 : 税込2,376 円(税抜:2,200 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

名誉毀損関連

Q&A 名誉毀損の法律実務─実社会とインターネット

Q&A 名誉毀損の法律実務─実社会とインターネット

岡村久道・坂本団 編

税込3,996円(税抜:3,700円)

名誉毀損の百態と法的責任―判例分析からみる法理と実務─

名誉毀損の百態と法的責任―判例分析からみる法理と実務─

升田純 著

税込3,996円(税抜:3,700円)

平成27年12月の省令改正も織り込んだ最新の解説!
 

本書の特色と狙い

インターネットの掲示板やブログ、さまざまなソーシャル・ネットワキング・サービス(SNS)などにおいて名誉毀損や誹謗中傷等を受けた場合、匿名であることが多い侵害者=発信者を突き止めるためのプロバイダ責任制限法に基づく手続と実務、書式について、第一線で活躍する弁護士が詳説!
法律上の手続のみならず、インターネットの仕組みや最新の技術についてもわかりやすくコンパクトに解説してあり、被害者からの相談に応じる際に的確に対応できる! 実務経験豊富な弁護士による実践的なコラム!
書式は、平成27年12月改正省令にも対応し、開示・抹消禁止の仮処分命令申立書や開示請求訴訟の訴状を収録!
200件を超える裁判例を分析し、論点に対して裁判所がどのような判断をしているかわかる、貴重な情報!
 
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1部 手続と実務
 1 発信者情報開示の概要
 2 インターネットにおける通信の仕組み
 3 発信者情報開示の手順
 4 発信者情報開示の要件
 5 権利侵害の明白性
 6 プロバイダの責任
 7 平成27年省令改正
第2部 書式
 1 仮処分
 2 訴訟
第3部 裁判例一覧